2020年 新年あけましておめでとうございます 3 少子化対策は? 日本の大学の力をつけること

新年あけましておめでとうございます の第3回目です。 先回までは日本の問題点として少子化がありますが、これに対してどういう原因で少子化という現象が発生しているかを分析しようと申し上げました。 少子化というのは日本人が産む子供の数が減っているということですね。にもかかわらず、大学卒業者は全く衰えを見せず、拡大しているということを申し上げました。ですが、大学卒業者と言えども時代によっては正式な社員になれずに、いわゆるフリーターとなってしまうことを申し上げました。 ここまでが前回の話ですね。 私としては、ここに少子化の原因があるのではと思いました。大学は出たのですけれども、いわゆる正社員になれなかった人々が多くなり、少子化の現象が生まれていると考えております。 正社員になれなかった人々は自分らも間違えだったんだということであまり多くを語らないのでしょう。ですから、声なき声になっているのですね。大学は卒業したけれど、就職活動がうまくいかず、新卒採用の絶好の機会を逃してしまったとしましょう。 こうなると、ハローワークの出番ですね。日本はそうなってしまうんですね。新卒採用では無い場合は一般企業というのは前職の経験値を聞きます。 一般企業は育成するのは新卒採用が対象でして、新卒採用されなかった人はキャリア採用ということになるのですが、一般企業がキャリア採用の対象者に求めるのは前職の経験値が欲しいからなんですね。 ですので、キャリアがない状態、つまり、職歴として誰でもできるアルバイトしかしたことが…

続きを読む

2020年 新年明けましておめでとうございます 2 新時代に向けて 日本の問題点 少子化 

2020年明けましておめでとうございます の第2回目ですね。前回はカルロス・ゴーン氏の内容でしたね。大晦日に密航を報道陣に通知しての騒ぎでしたね。カルロス・ゴーン 国境、組織、すべての枠を超える生き方 [ カルロス・ゴーン ] - 楽天ブックス元旦の記事に相応しくはありませんが、タイムリーだったので記事にしました。さて、新年早々のテーマでありますが、新時代に向けてという内容でこれから申し上げたいと思います。 今回は少子化をテーマに取り上げたいと思います。日本の大きな問題点は少子化だと私は思っております。これが答えだ! 少子化問題【電子書籍】[ 赤川学 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア日本の様々な問題があります。社会保障の問題、財政の問題、格差の問題、一極集中の問題。たくさんの問題がありますが、多くの問題はその問題に対して、解決策を施せば大抵の問題は解決に向かうと思っております。 これは病気になって医者に行く様なものですね。医師が診断し、原因に対して治療方法を施し快方に向かうという事ですね。 でも、病気が一向に治らない。解決策を施しているのですが、むしろ、悪化が加速する病気になる時がありますよね。まさにこの様に日本の問題の中で、解決策では解決できない問題が多くあると思いますね。私はこれは少子化という現象が日本の問題を難しくさせていると考えております。少子化が悪いと言っているのではく、日本の多くの問題は少子化の現象によって、解決が難しくなっていると言いたいわけです。 つまり、日本の負のス…

続きを読む

2020年 新年明けましておめでとうございます 1 カルロス・ゴーン逃走・密航!

新年明けましておめでとうございます。2020年ですね。令和2年です。 今年は皆様にとっても良い年であります様に。 では今年の第一回目を始めさせていただきます。写真は大坂なおみさんです。東京オリンピックの金メダルを期待しています。日産がスポンサーですが大坂なおみさんには期待しております。 昨年は色々ありましたが、新時代の幕開けに相応しく、かつてのやり方が通用しないということがわかってくる年でもありました。 今年はではどういう状況になって、どうしたら良いかということを申し上げたいと思います。 1・世界情勢 米国は大統領選挙ですね。米国のトランプ政権にとっては特に大きな動きはないでしょう。メディアがあれだけ、ダメだダメだと行ったトランプ政権ですが、ところがどっこい、米国の好景気を演出しておりますね。 詳しくはわかりませんが、有力な対抗馬が出てこない限りはトランプ大統領の再選と考えるのが順当だと思います。 欧州は英国のEU離脱に伴い、様々な困難が待ち受けると思います。現状を把握していないのが欧州病であるし、英国病でしたが、英国病は英国自身が治すということを自らの意思で昨年末に総選挙で示したものですね。 欧州でも欧州病は欧州自身が治すという気構えを持つ人が増えれば立ち直ると思いますが、そうは見えませんね。できれば自分自身で考えたくない、行動を起こしたくないという状況がある程度長く続くでしょう。 2・日本情勢 日本はオリンピック一色になるでしょう。ですから、難しい案件の多くは、置いて…

続きを読む