2020年今年一年を振り返って 5 国境と通貨

今年も残りが少なくなりましたね。そう言えば、このブログの隠れたテーマである、国境と通貨いうことについて触れていませんでしたね。改めて、振り返ってみましょう。 2nd SARSによって、世界各国は都市封鎖を含めた厳しい措置を取らざるを得なくなったのですね。それは多くの経済的な打撃を伴うものでした。世界各国は経済的打撃を少しでも緩和するために大幅な財政政策や金融緩和を実施しようとしていますね。具体例としては給付金に代表されるような、一時的な経済的な補助ですね。 個人に対しても給付金はありましたが、さまざまなところで給付金が企業にも支給されていますね。ですから、例えば航空会社や旅行代理店などは給付金を受け取っているので、直ぐには倒産しないですし従業員も解雇されることはないのですね。 でも、もうそろそろ1年になりますね。残念ながら、私の予想通り、疫病とは長い戦いになりそうですね。特定の業種に対する給付金は延長していますが、どうでしょうかね。そろそろ、打ち切るか縮小して、行動様式を変えていかないといけないのですね。 さて、世界中が疫病ということに長い時間苦しむようになったのですから、人々も社会も大きく変動するのですが、特に国境と通貨ということも大きく変動していくことなるでしょう。 というのは私が今年一年を見ていて大きくは以下の内容が大きく変動して今後もこの内容によって、世界は大きく変動すると考えています。 ・ワクチンがいつ完成・普及する目処がつくのか?・政府の財政支援はいつまで続くのか?・中…

続きを読む

2020年今年一年を振り返って 3 暗さの中でも少しでもやることはやっておく

クリスマスの時期も終わりましたが、感染者は減るどころか、増えてばかりいますね。 普段でしたら、おめでたい年末年始を迎えるはずなんですが、全然おめでとう感がないですね。 それは仕方のないことでしょうね。今になってわかることですが、昨年に祝賀ムードなんていうものがあってよかったですね。感染症の蔓延、東京五輪の延期、首相の交代。どれも良くない1年でしたね。 そういう憂さ晴らしをしたくて、年末年始に忘年会を開いて、感染が蔓延してしまうのですね。本当かどうか知りませんが、ある会社で、どうしても忘年会を行いたいと思ったそうです。行いたいけど、感染拡大は防止したい。ということで、以下のアイデアが浮かんだそうです。出席メンバーのPCR検査をして、陰性だった人だけを忘年会の出席者としようと決まったみたいです。 そしてその会社はPCR検査の手配で上の下への大騒ぎだったそうです。という嘘か本当かわからないブラックな話も聞こえてきますね。 とはいえ、年末にBABYMETALの紅白歌合戦出場が決まりましたね。おめでとうございます。今更感はありますし、テレビは見ない私ですけれど、素直にこれは楽しみですね。期待しましょう。 それとまた、一気にデジタル化が進みかけた1年でしたね。私も、デジタル的には投資をしてきました。 それとともに、家計を見直しし、なるべく、余分な出費を抑えるとともに支払いをオンライン化してポイントもまとめられるものはまとめました。ポイントも簡単に効率よく貯めるようにしました。これはあまり触れ…

続きを読む

2020年今年一年を振り返って 2

今年一年を振り返っての第2回目です。 大きく人生を変えてしまう大事件が起こりましたね。それは疫病というものなんですけど。全世界が繋がっているが故に瞬く間に恐ろしい感染症が蔓延してしまいましたね。 こんなことを書いているのですが昨年末は私は上海におりました。もちろん、その後は内地に戻り、それ以降は当分どこにも外地には行かれないということになってしまいましたね。内地に留まるしかねいのですね。 どこの国も原則はそうなってしまいました。ですから、内地と外地を行ったり来たりしている人は生活が一変しましたし、その人の人生も一変しましたね。また、人の生活や人生が一変したのですから、当然、社会も一変するのですね。 人里離れた、過疎の村に居ればさほどの変化はないでしょう。しかし、むしろそういう人は非常に少数で、人々は内地と外地の行ったり来たり、または圧倒的な大都会での人との交流が社会の中心になっているのです。 人里離れた風光明媚なところでも、外国や都会の観光客を当てにしますね。この疫病により、海外との交流や都会の交流が途絶えているのですね。つまり、社会の交流が脅かされているのですね。 しかし、直接の交流、つまりリアルな交流が途絶えようとしているのですが、その他の手段がありまして、文字情報の交流の他にデジタルの交流つまりリモートでも交流できるということがわかってきたのですね。 このリモートの交流というのが多少スキルや資金が必要となっているのですね。スキルと資金をうまく使った人々や社会というのがうまく…

続きを読む

2020年 新年あけましておめでとうございます 3 少子化対策は? 日本の大学の力をつけること

新年あけましておめでとうございます の第3回目です。 先回までは日本の問題点として少子化がありますが、これに対してどういう原因で少子化という現象が発生しているかを分析しようと申し上げました。 少子化というのは日本人が産む子供の数が減っているということですね。にもかかわらず、大学卒業者は全く衰えを見せず、拡大しているということを申し上げました。ですが、大学卒業者と言えども時代によっては正式な社員になれずに、いわゆるフリーターとなってしまうことを申し上げました。 ここまでが前回の話ですね。 私としては、ここに少子化の原因があるのではと思いました。大学は出たのですけれども、いわゆる正社員になれなかった人々が多くなり、少子化の現象が生まれていると考えております。 正社員になれなかった人々は自分らも間違えだったんだということであまり多くを語らないのでしょう。ですから、声なき声になっているのですね。大学は卒業したけれど、就職活動がうまくいかず、新卒採用の絶好の機会を逃してしまったとしましょう。 こうなると、ハローワークの出番ですね。日本はそうなってしまうんですね。新卒採用では無い場合は一般企業というのは前職の経験値を聞きます。 一般企業は育成するのは新卒採用が対象でして、新卒採用されなかった人はキャリア採用ということになるのですが、一般企業がキャリア採用の対象者に求めるのは前職の経験値が欲しいからなんですね。 ですので、キャリアがない状態、つまり、職歴として誰でもできるアルバイトしかしたことが…

続きを読む

2020年 新年明けましておめでとうございます 2 新時代に向けて 日本の問題点 少子化 

2020年明けましておめでとうございます の第2回目ですね。前回はカルロス・ゴーン氏の内容でしたね。大晦日に密航を報道陣に通知しての騒ぎでしたね。カルロス・ゴーン 国境、組織、すべての枠を超える生き方 [ カルロス・ゴーン ] - 楽天ブックス元旦の記事に相応しくはありませんが、タイムリーだったので記事にしました。さて、新年早々のテーマでありますが、新時代に向けてという内容でこれから申し上げたいと思います。 今回は少子化をテーマに取り上げたいと思います。日本の大きな問題点は少子化だと私は思っております。これが答えだ! 少子化問題【電子書籍】[ 赤川学 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア日本の様々な問題があります。社会保障の問題、財政の問題、格差の問題、一極集中の問題。たくさんの問題がありますが、多くの問題はその問題に対して、解決策を施せば大抵の問題は解決に向かうと思っております。 これは病気になって医者に行く様なものですね。医師が診断し、原因に対して治療方法を施し快方に向かうという事ですね。 でも、病気が一向に治らない。解決策を施しているのですが、むしろ、悪化が加速する病気になる時がありますよね。まさにこの様に日本の問題の中で、解決策では解決できない問題が多くあると思いますね。私はこれは少子化という現象が日本の問題を難しくさせていると考えております。少子化が悪いと言っているのではく、日本の多くの問題は少子化の現象によって、解決が難しくなっていると言いたいわけです。 つまり、日本の負のス…

続きを読む

2020年 新年明けましておめでとうございます 1 カルロス・ゴーン逃走・密航!

新年明けましておめでとうございます。2020年ですね。令和2年です。 今年は皆様にとっても良い年であります様に。 では今年の第一回目を始めさせていただきます。写真は大坂なおみさんです。東京オリンピックの金メダルを期待しています。日産がスポンサーですが大坂なおみさんには期待しております。 昨年は色々ありましたが、新時代の幕開けに相応しく、かつてのやり方が通用しないということがわかってくる年でもありました。 今年はではどういう状況になって、どうしたら良いかということを申し上げたいと思います。 1・世界情勢 米国は大統領選挙ですね。米国のトランプ政権にとっては特に大きな動きはないでしょう。メディアがあれだけ、ダメだダメだと行ったトランプ政権ですが、ところがどっこい、米国の好景気を演出しておりますね。 詳しくはわかりませんが、有力な対抗馬が出てこない限りはトランプ大統領の再選と考えるのが順当だと思います。 欧州は英国のEU離脱に伴い、様々な困難が待ち受けると思います。現状を把握していないのが欧州病であるし、英国病でしたが、英国病は英国自身が治すということを自らの意思で昨年末に総選挙で示したものですね。 欧州でも欧州病は欧州自身が治すという気構えを持つ人が増えれば立ち直ると思いますが、そうは見えませんね。できれば自分自身で考えたくない、行動を起こしたくないという状況がある程度長く続くでしょう。 2・日本情勢 日本はオリンピック一色になるでしょう。ですから、難しい案件の多くは、置いて…

続きを読む