テーマ:哲学

写真 照像 6 白黒こそ写真である

スーパームーンは何色だった? 本当の月はいつだって色は変わらない。 小さい子が私の白黒写真を見て言う。 「なんだぁ。白黒かぁ。つまんないの」 「なぜ白黒はダメなんだね?お嬢ちゃん」 「だって、綺麗じゃないし、見てて疲れる」 でも、写真は白黒だ。 私はかつて白黒フィルムで撮影していた。 と言うより写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真 照像 その5 時間について

あなたは10年前の10月は何をしていたのか? 誰も的確に感じ取れない。 時間は流れない。 川の流れのように時は流れない。 人間には時間の感覚器が存在しない。 いや体内時計というものがあって、洞窟に入ると体のリズムがあるそうだ。 しかし、それは24時間が1日ではなくて、25時間だそうだ。 でもそれは生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真 照像 4 森山大道さん 

森山大道さんにも触れずにはいられない。(写真は森山大道さんとその作品) そもそも、私のブログのトップページの写真は私が取った香港のビルスナップである。 ただ、香港のビルをとっただけといえばそれまでである。 恐れ多くも、遥かに及ばないが何とか彼の作品に近づこうとした時期があり撮った作品である。 森山大道さんの作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真 照像 3 等価

写真とは 写真の本質は等価性であると思う。 この見解は私が初めて言うことではない。 写真にとってトップモデルとゴミとは等価である。 その等価性の本質はどこから来るのかといえば、 写真が写像であることにほかならない。 写真は写像にその本質があると私は考えている。 逆説的に言うと写真の前ではゴミすらも美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真 照像 1

写真(しゃしん)  日本語 照像(しょうぞう) シナ語 何を思ったのかそもそもこのブログでは写真 照像について語ろうと思っていた。 ブログとしては写真について語るのがふさわしいと思っていた。 いつの間にかとんでもない方向に行ってしまったのだが。 そもそも音楽を文字にすることが違和感がある。 では写真は何を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 BABYMETALの衝撃 2 バラカン氏論争 論理空間について

さて、先日言及したことを一部振り返ろう。 BABYMETALの衝撃は留まる所を知らない。 BABYMETALは世界的な大論争を引き起こしている。 論争の焦点はBABYMETALは真のMETALか否か? BABYMATALはMETALではないとすれば真のMETALの定義と論理的に矛盾する。 METALファンはBA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 BABYMETALの衝撃 1 世界的大論争の謎 相対主義と絶対主義

誰もが子供のころ、大人から、「気を付けなさいよ。世の中ね絶対なんて絶対無いのだからね」という言葉を言われたことがあると思う。 もし絶対は無いのならば、全ては相対となる。では全てが相対であるならば相対が絶対である。 相対であるはずのものが絶対である。ということは論理的には矛盾する。 子供なりに大人は理不尽だなぁ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.6

のこりは3曲 本日は10曲目の No Rein,No Reinbow Death ! これも素晴らしい曲である。 これはどう表現してよいか難しいな。 まじめに作られすぎているので検証が若干難しい。 ちょっと崩れているとそこから糸口があるのだけどね。 本曲はSu-METALさんのボーカル。是に尽き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類は人工知能のコンピューターに勝てるのか? 囲碁の対決に思う AI review その2

人類は人工知能のコンピューターに勝てるのか? アルファ碁先生(私はDQNアルゴリズムといいたい)がまた背ドル氏に 勝ちました。人類1勝4敗と大幅に負け越しです。 人類は今後人工知能にどう立ち向かっていったら良いのか? まったく笑止千万の話題だろう。 哲学や論理学をかじれば、この話題が嘘や欺瞞に満ちていることがす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工知能がプロの囲碁棋士に勝ったそうな AI review その1

Googleが500億円以上で買収した謎のスタートアップ「DeepMind」。当時、無名の人工知能(AI)開発ベンチャーのDeepMindをGoogleが買収した目的は、天才デミス・ハサビス氏を手中に収めたいからと噂されていました。Googleの期待通りDeepMindはAI技術を磨き上げ、学習してゲームの腕をメキメキ上げるアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BABYMETALの衝撃 最終章 難易度を打ち破る秘密そして最終的BABYMETAL論

昨日の結論  BABYMETALは新概念であり、概念の獲得を要求されるが  同時に既存の価値観での検証では理解できず、概念の  獲得の難易度は高い。 今日の問い  ではなぜ難易度が高いのにも関わらず、ある一定の  普及が可能であったのであろうか? ここからが本論である。 誰もB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BABYMETALの衝撃 その4 新概念獲得とは検証の難しさ

BABYMETALは新概念なのだ。 同時に既存の価値観での検証を難しくしているのだ。 と昨日までは述べた。 さて、BABYMETALは新概念であり、既存の価値観での検証を難しくしている。 この点について更に深く検証をしていきたい。 新概念の提示と実証である。 新概念の提示とライブパフォーマンスこそ彼女たちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BABYMETALの衝撃 その3 新概念 現象 中毒症状の関連

昨日の検証結果。 (命題) BABYMETALは概念であり、中毒症状とも言うべき厳しい 概念の獲得過程が必要になる。 ということが導出された。この命題を検証するために この命題の★対偶を検証しよう。 ★対偶の概念がわからない方は論理学を勉強してね。   対偶の概念の獲得が必要Death。 (上述の命題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BABYMETALの衝撃 その2 論理哲学論考と哲学探究を念頭に

BABYMETALの衝撃について書いた。 BABYMETALの衝撃をうけてから、私は 再びヴィトゲンシュタインの2大著書「論理哲学論考」と「哲学探究」を 読み比べることにした。以下検証を続けたい。BABYMETALの衝撃については深く検証するのものの 「謎」が多い。検証には時間がかかる。 なぜ、BABYMETA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BABYMETALの衝撃 

BABYMETALの衝撃の話をしよう。 BABYMETALのKARATEがリリースされた。 1STとYOUTUBEの映像に衝撃を受けた。 私の人生の中でBEATLES以来の衝撃だった。 1日で30回は聴いた。今でも聴いている。 これこそ音楽だ。哲学と感じだ。 アイドルとダンスとヘビーメタルを組み合わせただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more