2ndSARS #武漢肺炎 都市封鎖について 1 #都市封鎖 が与える打撃

都市封鎖は何とか避けたかったのです。 しかし、今回の2ndSARSウィルスはそれを許してくれませんでしたね。 ウィルスというのは人間の体を利用して移動しますね。人間が移動することによって、ウィルスは移動します。そして別の人間に感染しますね。ですから、ウィルスを移動させないことは人間が移動しないことです。 ワクチン(予防接種)や特効薬がない時点でのウィルス感染症との戦いは現時点では、人間の移動を制限するということしかありません。ですのでシナの武漢と湖北省では2ヶ月以上の都市封鎖を実施しましたね。 結局、武漢化になってしまい、医療崩壊が起きてしまうと人類の対応手段は都市封鎖しかなくなるのですね。 ですが、都市封鎖というのは人間の心や経済活動に非常に打撃を与えます。 非常事態宣言が出されて、人の移動が制限できるようになったとするとどうなるでしょうかね。 外出が禁止されますが人は家を出ようとしますね。でも外出してもらっては困りますから、警察が取締ることになりますね。あなたはどうしても、外出したくて家を出てみたと仮定してみてください。あなたは、渋谷区のワンルームマンションに住んでいると仮定しましょう。 渋谷のスクランブル交差点に歩いてきました。でも誰も歩いていません、薬局しか空いておりません。他の店は全て閉まっています。途方に暮れていると後ろから声をかけてくる人がいます。そうですね警察です。あなたは警察から家に帰るように告げられます。しかし、あなたは反抗しますね。 私はワンルームマンシ…

続きを読む

2ndSARS #武漢肺炎 都市封鎖について 2 自粛をしている方々を讃えよ!

東京オリンピック・パラリンピックが延期になりましたよね。 東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンも自粛で休園しております。 大相撲も中央競馬も無観客試合。春の甲子園も中止。 ダイヤモンド・プリンセスの下船者を受け入れたホテル三日月も立派ですよね。 当然、BABYMETALもツアーを控えていますよね。 私が良く試聴するYOUTUBERのスーツ氏も外出を遂に自粛しますね。 家に引きこもっているのがあなたの祖国と家族を救うのですね。でも家に引きこもっていると、その間に心がだんだん荒んできますから気をつけてください。来るべく新時代に向けて、新たなビジネスをするべく力を蓄えることが一番だと思いますね。 安倍首相が非常事態宣言を出すか出さないかという議論になっていますけれど、結局は自粛があなたの祖国と家族を救うのですね。とても名誉のあることなんですね。 娯楽産業や観客が必要な人々が、休業の補償を求める人がいますけれども、それはあなたの妄想でしかないのですね。 この状態であなたが観客な必要なショーや試合を実施したとしましょうね、 でも、こんな時に人を集めること自体が、自分たちの祖国や家族を傷をつける行為なんですね。 そもそも、娯楽や観客が必要な産業に従事する人々はその覚悟が必要ですね。それは、東日本大震災で痛いほどわかっていたはずなんでしょうけれども、やはり、人間というのは忘れやすいのですね。 娯楽や観客が必要な産業の人々が自粛をすることによって、我々は救われている。も…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 9 油断した都市は封鎖をしなくてはいけないのでしょうか?

2ndSARSウィルスに対してはまだ、特効薬もワクチンもありません。現在は人類はこのウィルスに対しては人間の移動を止める以外に対応する術がありません。ですから、本当に危機的になった場合は都市封鎖を行わなければいけません。 すでに全土を封鎖している国もありますが、都市封鎖を行う国は欧米の多くの国で実施されています。 封鎖をしなければ防げないとするのならば、どこの世界も、都市封鎖を行わなければいけなくなりますね。武漢封鎖はそろそろお終いのような報道もありましたよね。 【北京時事】中国湖北省政府は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、1月23日から実施していた同省武漢市の封鎖措置を4月8日に解除すると発表した。武漢市以外の都市は3月25日に封鎖解除を実施。武漢市は最初に感染が広がったが、封鎖から2カ月を経て沈静化に一定のめどが付いたと判断したもようだ。 武漢は2ヶ月半年封鎖をしているのですね。 実質武漢市は2ヶ月半家から外出できない状態に置かれましたね。もちろん、食料や病院に行く時だけ外出は可能ですけどね。 2ヶ月半人間が自宅にいないといけないということはかなり厳しいですね。私自身、1stSARSで2週間ホテル隔離になりましたが、精神的には相当追い詰められますね。 それが、2ヶ月半自宅待機になるということは精神的にはほとんど持たないと考えられますね。もちろん、経済的にも相当厳しいですけれども・・・。シナの様な独裁政権であればある程度、可能とは思えますが、民主主義の場合は政権…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 8 油断による第2防衛ラインに隙  人類への貢献

2ndSARS武漢肺炎の世界的蔓延を受けて、3月24日 安倍首相とIOCバッハ会長との会談を通じて、東京オリンピックの開催が事実上延期されることとなりました。 また、東京都では重大局面として3月38日と29日は外出の自粛要請ということになりました。続いて、各府県でも外出自粛要請となっております。 日本国内でも欧米と比較してスピードは遅いものの、感染者数は拡大し続けている状況になっております。 本日3月38日安倍首相緊急事態宣言は回避されているものの、余談を許さない状況であるとの見解を示しました。 さて、現在は第2防衛ラインの一進一退の攻防が続いております。すでに、第1防衛ラインを突破した2ndSARSウィルスが、医療崩壊をさせるべく、第2防衛ラインに攻撃を仕掛けているのがわかります。 防衛するには外出を控え、拡大を防ぐことなんですけど、東京ではいくつかの病院で院内感染が起きている状況で一進一退の攻防がまさに行われている状態になっております。 3月に入って、欧米各国ではパンデミックの状態になっているのにもかかわらず、日本はよく抑え込んでいるということから、人々は多少油断してしまって、多少小規模なイベントや飲み会をしてしまったのでしょうね。 無理もありませんが、ワクチン、特効薬ができるまでは、人類ができることは罹らないようにすることそして、第2防衛ラインを堅持することしかありませんね。そして時間を稼いでいるうちに、ワクチン、特効薬を作り出すことなんですけどね。 医学に直接貢献できない人…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 7 欧州の状況で初めて驚いた人に驚き  #新型コロナウィルス #武漢肺炎

イタリアのコンテ首相より。 4月3日まですべての非重要な生産活動を閉鎖します。薬局と食品は開放されたままです。これは戦後以来最も難しい課題です。不可欠と考えられる活動のリストには、とりわけ農業、漁業、食品および飲料産業が含まれます。 とのことですね。イタリアだけではなく、欧州の主要国フランス、ドイツ、スペイン、イギリスも同様な状態になりつつあるそうです。ネットを見ていましたが、日本はなんとか第2防衛ライン(1)を堅持する形で一進一退ですね。そんな状況も分からない人々の中にも、ようやく欧州の状況を見て、大騒ぎする人がいますね。 今更ながら呆れますが、まぁ、今までの武漢や南朝鮮の状況が飲み込めないから、安倍総理の談話や厚生労働省の呼びかけにも反応せず、取り敢えず正常性バイアス(2)が働いてしまった結果だと思われるのですけどね。欧州の人も、武漢、南朝鮮、ダイヤモンドプリンセス号の状況を見てひと事だと思ってしまった人たちなんでしょうね。こいつらアジア人は特殊なんだよね。だから俺たちは大丈夫と勝手に思ってしまったんでしょうね、東日本大震災の時にも大津波警報にもかかわらず、高台に逃げずに家に止まった沿岸の人々ですね。 もちろん、全員が命を落とすということではありませんけれども、やはりある一定の確率で命を落とすことになりますね。東日本大震災の経験をして、そういったことには敏感だったはずの日本人でさえ、まだ同じような過ちを犯すことが不思議ですね。 もちろん、比較的被害の少なかった、北海道や西日本…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 6 早期発見のお馬鹿さん  #新型コロナウィルス #武漢肺炎

あまり、こんな時期に、馬鹿にしたくはないのですね。多少不愉快なのがネットに落ちているのを見つけました。日本は第2防衛ラインをなんとが堅持しているところなんですが、ネットにこんな馬鹿げたものが落ちていましたね。 テストしないから、ウイルスがないのだ。本当は日本は蔓延している。日本は嘘つき。という願望ですね。事実は全く逆ですがね。日本を貶めようとしているのでしょうね。だいぶ労力がかかっておりますが・・・。書いた作者は相当暇ですね。 日本が感染者、死亡者を抑え込んでいる欧米社会が驚嘆の眼差しですね。信じられないのでしょう。テストを無理にしない作戦が奏功していることが驚きなんですね。やっている方は狙ってやっているし、国民の側もそれが理解できるのですね。日本人の大抵の人は理解できるが、それが、理解できないのですね。 第2防衛ラインの堅持に奏功している国はほとんどありませんね。うまくいっているのは大体、第1防衛ラインを堅固にすることですね。第1防衛ラインが崩れると大抵の国は第2防衛ラインが崩れるというのがわかってきましたね。欧州各国はどちらも、非常に脆弱でしたね。 日本の抑え込みの要因は、第1防衛ラインと第2防衛ラインの構造を理解し、貴重な医療資源を温存しつつ、うまく取り組んだ事でしょう。私も事前に申し上げましたが、日本政府も医療界も頑張りましたね。もうひと頑張りだと思います。 治療法がない病気の場合は、早期発見しても、早期治療ができないため、役に立たない。だから、早期発見に貴重な医…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 5 パニック売買  #新型コロナウィルス #武漢肺炎

日本では北海道と大阪が心配でしたが、北海道は非常事態宣言は解除されましたが、現在は兵庫県と大阪府が心配ですね。 武漢肺炎の世の中になり、ついに、WHOもパンデミック宣言をしましたが、世の中がどんどん変わっていくのが見えますね。特に、当初は影響がみられないと思えました、金融市場特に株式市場や為替市場ではすごい状況になっていますね。 乱高下を繰り返していますね。 これは多分、投げ売りをする人もいるでしょうし、莫大な空売りをする人もいるでしょうね。莫大な空売りをすると莫大に買い戻しをしなくてはいけませんね。ですから、乱高下はするでしょうね。 でも、総じて、売りがまさっているので、ここまで下げていると言えますね。 いわゆるパニック売りですね。 でも、パニック売りをしている人はなんでしょうね。結局、スーパー・マーケットやドラッグ・ストアでパニック買いをしているのですね。 パニックの売り、パニックの買い 悲喜交交(ヒキコモゴモ)ですね。 リーマンショックの時も凄かったですが、値動きをみていると人間の愚かさに気がつきますね。もちろん、スーパー・マーケットの爆買いでもそうですけどね。 パニックは狼狽ということですけどあたふたしたさまが目に浮かびますね。リーマンの時もそうでしたね。パンデミックが終息すれば、基本的には元に戻るだけだと思いますけどね。 いずれにしろ、株の世界は未来のことは保証できませんけど・・・。 どうせ、時間があるのですから、自宅や空気のきれいなところ、山や海で、じっく…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 4 連休でもじっとしていてね。でも通風は忘れずに #新型コロナウィルス #武漢…

大事なことを思い出しました。 1st SARSが終息しかかって行った時のことですね。終息したと思われましたが、また、少し感染者が出るのですね。 人々は予防に疲れてしまいまいますから、どうしても、多くの人と話したい。外に出ていろいろな人と会って話をしたいとなりますね。ですが、やはり、少し感染者が出てしまいます。 中々終息しないのですね。 でも、決定的だったと思われるのが通風ですね。窓を全開にして外気を入れることだったと私は思っています。そうすれば、多少、感染者からウィルスが放出されていても、ウィルスは大気中に拡散してしまえば、感染の可能性はほとんどなくなります。 密閉空間に長時間いると良くないですね。特に古いビルで、中央での空調制御をしているビルでは、ウィルスがどんどん拡散してしまうビルもあるのですね。昔は薪ストーブや石油ストーブなどは直接、火をたいていましたから、換気をしないと、ウィルスよりも怖い、窒息という恐怖があったのですね。 ですから、換気することは必須でしたね。 現在は酸素を減らさない空調が発達しているので、換気をあまりしなくなりましたね。ですから、狭い室内に長時間いると、感染症が広まってしまいますね。 狭い部屋にいるときも換気をしましょう。 どうしても交通機関を乗る時はバスや電車で窓を開けよう!ですね。 なんとか、頑張りましょう、生き延びましょう。 では See  you!

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 3 第2防衛ライン堅持と武漢肺炎後の世界 #新型コロナウィルス #武漢肺炎

#2ndSARS 感染症対策の社会 の第3回目ですね。先日紹介しましたね。ウィルスとの戦いなんですね。現在は治療法がないのですから、防衛ラインを堅持することが大事ですね。第1の防衛ラインを突破されて、今後は第2防衛ラインの攻防になっておりますが、何とか日本は、第2防衛ラインの攻防戦で耐えている状態ですね。 一方で、韓国やイタリアは第2防衛ラインが崩壊し始めていますね。第2防衛ライン突破されてしまうと、武漢化が進んでしまいます。 日本は第2防衛ラインでなんとか耐えていますね。そこで時間を稼いでいる間に第1防衛ラインの強化をしましたね。 どういうことかと言いますと。第1防衛ラインはいわゆる水際対策ですね。 本来ならば感染症にかかっている疑いのある地域の人間を一律に入国させないことが重要だったんですが、すでに第1防衛ラインは突破されてしまいました。シナ人を入国させないことだったんですが、これはまだ、広まっていないので未然防止の強行策は取れなかったというべきでしょう。第2防衛ラインは医療崩壊をさせないということですね。医者と看護師を守ることです。現時点でなんとか第2防衛ラインで踏みとどまっていますが、陽性者が急増している北海道と大阪はギリギリですね。なんとか耐えてほしいですね。 第2防衛ラインでなんとか耐えている状態ですね。ここで時間を稼いでいるうちに第1防衛ライン、シナ人と韓国人の入国を実質禁止しましたね。これは良いことだと思います。 でも、現在は欧州その他の地域にも感染源が拡散してしま…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 2 武漢肺炎後の社会 #新型コロナウィルス #武漢肺炎

感染症対策の社会の第2回目ですね。 前回は娯楽産業は感染症に弱いと言うことを申し上げましたよね。ですけれども、世の中楽しいことばかりではないのですね。 こういった辛い時期もあると言うことですね。もちろん、2011年の東日本大震災の時もそうでしたが、人々が娯楽する暇もないんですよね。生きていくのが精一杯になるんですね。 政権の中枢にいる人も組織のリーダーの人も矢継ぎ早に対策案を考えてないといけませんね。末端の人も時々刻々と変化する指示通りに動かないといけない。 ですので、娯楽産業は感染症対策の社会では対応が難しいですね。実際、感染しなくても遊んでばかりですと、周りから白い目で見られますよね。 ですので、従来の娯楽産業というのは一時期はお休みということになりますね。 では何をしなければいけないのでしょうかね。それはこの武漢肺炎後の社会を考えてみてどういうことが必要になってくるかを考えてから行動しましょうね。 大きな災害が起きるとどうでしょうかね。つまり、従来の共同体の繋がりやしきたりというもので支えられていたものが支えられなくなりますね。ですから、本当に必要なものと本当はそんなに必要ではなかったというものが、鮮明になってくると思います。 衰退するものが誰の目にも明らかになるでしょうね。年初初めに申し上げましたが、新しい時代、新しい社外が加速して見える様になるでしょうね。 一つ例を挙げますよね。今までは在宅勤務やテレワークが中々進まないといっていましたが、ここにきて、資生堂や電通が…

続きを読む