デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか? 5 リアルとリモート

今後の世界はリモートとリアルの世界に分かれてくるのではということになると私は考えています。 リアルに人と接触しなければいけない世界というのはなくなりませんね。生まれた時はリアルに生まれるしか無いと思いますね。リモートに生まれた人はいるのかしら? いずれにしろ。リアルとリモートということに分類する思考実験をしますね。 大きく分けるとリモートができる人たちとできない人たちですね。 リモートができない人とはリアルでは生命の危険があるときに、リモートの回避策が取れない人と回避策が取れない人と接触して生計を立てる場合になるでしょうかね。 例えば乳幼児なんていうのもそうですね。例をあげていきましょうか・・・。もちろん、リモートができない老人やそれなりのレベルが高くない人々。結局弱者と言われる人たちでしょう。さらに、???と言われる人々も加わるでしょうかね。 リモートに対応できるためにはそれなりに知識やスキルでの向上を図っていける状態に無いといけないのでしょうね。 また、本人はリモートすることができるがどうしても避けられない職業もあるでしょうね。例を挙げると保育士、介護士、医師、看護師と言ったとところでしょうね。リアルのみでしか対応できない人々のために対応する人々ですね。【セール対象 10%0FF】【即納 送料無料】高性能 防護服 保護服 使い捨て 隔離スーツ ウイルス対策 医療従事者用 強度に優れた 飛沫に対する ウイルス侵入防止 液体飛沫 微粒 バリア 防護服 抗流行作業服 非無菌環境 通…

続きを読む

デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか? 4 移動

デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか?の4回目です。 前回、大学生に学校はオンライン授業なので、運転免許証を取りましょう!と申し上げました。移動は基本は自家用車が優勢になってくるでしょう。 こちらについては以前1st SARSのシナでの経験から分かっていたことなんですけど。つまり、SARSを経験したのでシナ人の多くは経済的に余裕がある人間から、通勤や通学(子供の送り迎え)に自家用車を使用するようになりましたね。それがきっかけでシナではモータリゼーションが一気に進み、現在は世界最大の自動車販売台数を誇る自動車大国になってしまいましたね。 いずれにしろ、2nd SARSの時代になっていますので、そのまんまが当てはまるかどうかはわかりませんが、電車、航空機、バスでの移動よりは自家用車が圧倒的に感染対策上は安全ということですね。そもそも自分の家族以外は基本的には自家用車には乗らないですからね。自家用車というのは自分の家の1部屋が移動しているとほとんど同じですね。月刊自家用車 2020年 9月号【電子書籍】[ 月刊自家用車編集部 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア とは言え、日本は南北に細長いのですし、島も多いですから全てが、自家用車ということにはなりませんので、航空機や新幹線での移動はすぐにはなくならないと思いますが、こう言った、電車、航空機、バスという移動手段は密閉した空間でありますし、不特定多数の人がのりますね。ですから相当神経を使わなければいけなくなるでしょうね。 その中…

続きを読む

デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか? 3 教育 〜大学だけがオンライン〜

デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか?の3回目です。 大学でオンライン授業が続くということが教育では一つの焦点になっていると思っています。 実際、心に不安を抱えている大学生も多くいるとのことですね。 有名大学は首都圏に集中してますね。元々高校まで首都圏に住んでいれば、旧来の友人や知人がいると思いますのでそう言った仲間との情報交換ができると思います。しかし、そうでない地方出身の学生は首都圏に親戚でもいなければ情報交換等の条件では非常に厳しいでしょうね。 地方から首都圏に一人暮らしを始めてみて、4月からの緊急事態宣言ですからね。当然、入学式もありませんね。入試や入学手続き依頼、一度も大学に足を運ばずに前期は終始オンライン授業が続いたケースもあると思います。 昔から、地方からの学生は心に不安を抱えながら、入学金を払い、不動産屋を見つけ、新生活の家財道具を揃えたのに、東京の生活やリズムについて行かれずに引き籠もってしまう学生もいたでしょうけど。 今回の2nd SARSが引き起こした現象は、否応無しに家に引き籠もらなければならなかったのです。 折角の花の大学生生活も大変でしょうね。特に1年生は大変だったでしょう。 ですので、大学側としても2nd SARSが終わったら元に戻そうというところもあるようですね。でも多くの大学は秋学期以降も一部が対面授業になる以外はほとんどがオンラインになるということらしいですね。 大学だけがなぜオンラインで小中高が対面が可能かということで悩んで…

続きを読む

デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか? 2 ワクチン

デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか? の2回目です。 これから続く、2nd SARSとの長い戦いですからね。今回はワクチン(予防接種)について申し上げます。長い戦いでは、ワクチン(予防接種)ということは大事な要素だと思います。 でも、ウィルスも突然変異するので同じワクチンでは効果が薄れて来ますね。インフルエンザワクチンも何回も打つでしょう。それは、インフルエンザは多くの種類があって、その冬に流行りそうだというものを予想して、何種類かピックアップしてワクチンとして接種するそうですね。 ということで、2nd SARSも突然変異が予想できますから、インフルエンザワクチンと同じようになるかもしれません。 毎年、2nd SARSのワクチンとして何回か人々は接種するようになるかもしれません。でもインフルエンザと同じように根絶はでき無いという可能性が大きいですね。 根絶はできないが、全くやらないよりはある程度は効果があるので、沢山の種類のワクチンを接種する人が多い社会は蔓延が防げるようになって来ますね。でもゼロにはならないですね。 そうなるとどうなるでしょうか? ワクチンや医療の費用負担がじりじりと社会を経済的に追い詰めていくのでしょうね。また、ワクチンの費用が負担できない社会というのは感染者が下がらず、医療が次第に崩壊していくでしょう。 ワクチンの費用が負担できる社会と負担できない社会の格差が生じることもあるでしょうね。ですから、そういう兆候が生まれた場合はどう解決するかも…

続きを読む

デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか? 1

先日4連休で遠出を久しぶりにしました。非常に多くの人が外出していましたね。でもやはり、その影響でしょうか・・・。東京都の2nd SARSの新規感染者数は2020年9月26日、新型コロナウイルスの感染者が新たに270人確認されたと発表しましたね。2桁の日もあったのですが、ここにきてまた3桁になって来たようですね。 また増加基調になってしまうのでしょうかね。 懸念材料はいくつかありますね。群馬・栃木あたりで何かがありそうなところなんでしょうけど、私にはわかりません。 日本は抑え込んでいるとされて来ましたが、外国人の多い地域では制御できな行くなるとこれはこれで、原因が特定しにくいでしょうから厄介かもしれません。 また、欧州でも英国、フランス、スペインで再度ロックダウンの危険性が言われ始めていますね。 ですので、やはり残念ながら、予想通りと言えばそれまですが、一度世界中に蔓延すると収束するまでは相当な時間がかかりそうですね。ワクチンができたとしても、インフルエンザのように何度も何種類のワクチンを打つことになるでしょうね。製薬業界は万々歳でしょうが、効果が薄いワクチンの費用を負担し続けなくてはいけないという社会になって行くのでしょうね。 長い戦いになって来ましたね。 では See you!

続きを読む

4連休は混んでましたね

9月の4連休にどうしても遠出をしなくてはいけない用事がありまして、新幹線か飛行機か迷ったんですけど飛行機に乗りました。何ででしょうかね。飛行機の方が衛生的と思ったのでしょうかね。距離によりますけど、やはり、新幹線よりは飛行の方が長時間密閉空間にならないからという印象なんでしょうかね。いずれにしろ、飛行機を使いました。 ボーイング 787-10 ANA全日空 完成品(ギア付) JA900A 1/200 ※プラ製 2019年7月31日発売 全日空商事飛行機/模型/完成品 [NH20138] - 航空機模型TopGunトップガン 久しぶりに全日空に乗りました。2nd SARSの影響でガラガラだったはずの国内線だったのですが、私の乗った便は満員でした。羽田空港に行ってみましたが混んでいましたね。ニュースで流れていましたが、ANAの結構な便では満席であったという事ですね。結構渋滞も首都圏を中心に発生していたそうですね。 まるで、5月の連休、8月の連休の大渋滞だったみたいですね。そう言えば、5月は緊急事態宣言でしたし、8月は第2波でしたから、ここぞとばかりに9月の4連休に人々が遠出をしたみたいですね。 もちろん単身赴任のサラリーマン風の方々が多いと思われましたが、それにもまして、普段と違う風景もみれましたね。私の周りの客層は首が座ったばかりの赤ちゃんを抱いている夫婦が多かったように思えます。若い夫婦としても小さい子供がいて外出ができないのですから相当ストレスは溜まっているでしょうね…

続きを読む

Amazonプライムやめました

Amazonプライムをやめました。1年間やってみましたが、結局、何が良いかわかりませんでした。やってみたきっかけは、以下ですね。 送料が安くなるし、ビデオが無料のものがあるのでという事でした。 1年間やってみましが、続ける理由が見当たりませんでした。4.9千円/年でしたけど。この手のムダが省けるという事でした。 なるほど、大した金額では無いですが、送料無料については他のネットビジネスもやっておりますし、とりわけAmazonが安いわけでも無い。常に新しい事を提案してくれれば良いでしょうが、とりわけ、凄いことでも無いですね。 基本的に映画もテレビも私はみませんので、全く役に立たなかったですね。昔の娯楽は相撲、野球、映画なんでしたけど、一般的なものは新鮮味に欠けて面白くないのですね。 懐かしいものは良いのですが、ずっと古いものを振り返るばかりにはいきませんね。最新は人気のものはやはり有料ですね。 よく考えてみれば、携帯電話のショップが無理やり勧めてくる、オプションみたいなものでしょうか。結局そういうのが積もり積もって、家計を圧迫しています。いつの間には試しに入ってみるということでいつまでもお金を支払い続けるよりは思い切って1年経つのでちょうど解約しまいました。 ですが、特になんの不自由も感じませんね。 書籍も電子書籍になってしまいましたし、音楽もCDが無くなりましたので送料が無料と言っても、あまり買いたい物がないですね。購入しなければいけない大型家電やPC関係はその手のショップは送料…

続きを読む

暑いですが 空調機を買うほどでは無いので買ってみました

9月に入っても暑いですね。あまりにも暑いですね。外出を自粛していますから、家にいる時間が長いです。とはいえ外に出ると非常に暑いですね。摂氏35度を超える猛烈な暑さが日本列島を覆いましたね。北海道はそうでもないでしょうが・・・。 ということで、このブログを書いている部屋は空調がなく、暑くてブログを書く気も起きませんでした。でもなんとかしたいでしょう。 8月中旬ごろに家電量販店を覗いてみました。でも人が大量に押しかけていましたね。家電売り場は非常に景気が良さそうでした。10万円の給付金の効果でしょうかね。それとも生活様式の変化からでしょうか? 空調関係の販売も非常に好調な印象でしたね。普段は8月も中旬ぐらいになると値下がりするのですけど、あまり値下がりした様子もありませんでした。 ということで、下見は終わりました。翌週にどうしようかと考えまして、サーキュレーターを買うことにしました。 どういうことかと申しますね。 私のブログを書いている部屋には空調がありません。しかし、隣の部屋には空調があるのです。ということは、お互いの部屋を開けっ放しにすれば冷気が入ってくると思いきや実験をしたのですね。 でも、思ったほど効果がなかったのですね。隣の部屋の空調はフル回転にして非常に冷たいのですが、このブログを各部屋は暑くて仕方がないですね。 ですから、隣の部屋の冷たい空気をこのブログを書いている部屋に強制的に送り込めば良いと思いました。しかし、扇風機は隣の部屋に空調を購入した際に捨ててしまいました。 …

続きを読む

2nd SARS後の世界 10 教育現場でのスポーツ・部活文化の危機

例年なら、今の時期は各地で夏祭りや、スポーツの全国大会が行われているハズでしたが今年はご存知の通り、2nd SARSの感染拡大防止の観点から、ことごとくイベントが中止ないし無観客というように変更を余儀なくされておりますね。 一方、ここにきて、全国大会に度々出場する高校サッカー部、大学のレスリング部やラグビー部での数十名以上の2nd SARSのクラスター(集団感染)が相次いて報じられていますね。 旅行業界、航空業界も非常に厳しいですが、実は接触プレーがある、対人競技は感染症に対して危険が高いですね。プロスポーツはもちろんのこと、社会人や学生のスポーツでも恐れられていたことが次々と起っていますね。スポーツという業界というかスポーツ関係者も非常に厳しい状況であると思います。 2nd SARSで緊急事態宣言が解除されましたが、私はこう言った、対人で接触プレーがある運動競技というのは、今後はほぼ厳しい状況になってくると予想しておりました。 とりわけ、相撲、柔道、レスリングは無論のこと、ほとんどの球技系のスポーツにおいても、その競技そのものが存続の危機が目前に迫っていると感じていました。・・・ゴルフはなんとか生き残りそうですが・・・。 多くのレストランでさえ、対面にはアクリル板やビニールの仕切りがあるのですよ。従来どおりのスポーツをして、人と人が接触をして大声を出していたら、どうなるかは簡単に想像ができたハズですね。 また、そういった競技の中でとりわけ学生の強豪校は寮生活で寝食を共にすることが…

続きを読む

2nd SARS後の世界 9 ワクチン・特効薬の期待への懸念

ロシアのプーチン政権がワクチンを承認したと言うニュースが伝わりましたね。 また、皆さんの記憶に新しいところですが、大阪府の吉村洋文知事が、うそみたいな本当の話として、ポビドンヨードの入ったうがい薬がコロナの特効薬だとテレビで話していたそうです。私の知り合いの薬局の人から聞きましたが、その放送の10分後から急激にイソジンを買い求める人が殺到して、行列を作り、買い占めて行ったそうです。 また、現在の好調な株式相場についてもワクチンが開発承認される期待からと言うことをちらほら聞きますね。 期待するのは勝手ですが、期待が外れた時の衝撃が計り知れません。また、期待が大き過ぎれば過ぎるほど、ワクチンに殺到して奪い合いが始まりますよね。 もし、仮にワクチンができたらどう言うことになるのか予想しなくてはいけませんね。全世界に蔓延する病気に打ち勝つには確かにワクチンや特効薬が必要でしょう。 結果的にワクチンができたとしても、最初の内は中々人々に行き渡ることがないでしょう。それどころか、一部の人間はこれを独占して、隠し持つようになるでしょうね。マスクの転売屋が良い例ですね。 でも、隠し持つようになることがそもそもの罠ですよね。なぜなら、ほとんどの人がそのワクチンを見たことがない。詐欺師の場合はあることないことを言うでしょう。世界史を変えた詐欺師たち (文春新書) [ 東谷 暁 ] - 楽天ブックス 以下からは予想される某A国での詐欺師とお金持ちと権力者の会話です。当然、作り話です…

続きを読む