洗肺遊 日本藍(肺を洗いに行こう 日本ブルー) 日本の旅行の発禁広告の検証

日本への旅行広告が発禁になった。と言っても以下の広告内容。

洗肺遊 日本藍(肺を洗いに行こう 日本ブルー) 

日本の旅行の発禁広告の検証

爆買いについて
「爆買い」をどうしても止めさせたい国があるらしい。
2015年では500万人も旅行してしまったらしい。

爆買いのイメージはマナーが悪いで終わってしまっている。
そのほうが簡単だからだ。

難しく考えないほうが身のためだ。ここで難しく分析してみよう。
凄い意味が含まれているのだ。

まずは「爆買い」はいつごろ始まったのか?
私は爆買いなんぞは昔からあると考えている。早くは
70年代からだ。

ではまず、爆買いの流れ出身別の流れ
香港、広州、上海、その他全土あまねく広がっていくが
先行している地域では収束するどころか加熱している。

               東日本大震災
                による中断
香港→→→→→→→→→                       
   広州→→→→→→→      
      上海→→→→→      
          C国全土→     

 優秀な読者諸君わかっただろう。
 「来料加工」の流れと同じだろう。だから私は大年初一の
 旺角騒擾を見て私の奥儀を皆さんに披露しようと決心した。
 
 2月20日のブログ記載を見てくれ。
 シナ近代化の流れと同様だ。

 
 ちょっと脱線。音楽的には
  日本娃娃(日本アイアイ 許冠傑)
  富士山下 (ふじさんした 陳奕迅)という歌を聴いて欲しい。

  広東語は自分で勉強しようね。非常に参考になるよ。


 さらに脱線 現在C国ではやっている言葉

 ①敬慕
 ②嫉妬
 ③恨み
 
 C国人の気質として他者がすばらしい一方自分が惨めなときの
 感情は
 ①、②、③の段階にエスカレートするとのこと。
 
 魯迅先生は清朝末期のシナ人の④精神的勝利段階を
 阿Q正伝にて抉(えぐ)り出しましたね。

 重層構造なので複雑な動きをするが、
 爆買いの今後というより流れの予想。

 ①日本製が欲しい。その上に安い。
 ②日本の環境がうらやましい。ねたむ。だから買い占めたい。
 ③自分の国が嫌になる。自国の批判行動。

 既にに香港は③の段階にきている。
 広州、上海、ときたらどうなるでしょうな。

 もしかしたら④の精神的勝利段階に収まらない場合
 かれらはどう表現するのだろう。それは彼らが決めること。
 私は一つの表現がこの広告だろう。と考える。
 だから日本の旅行広告ごときで発禁になっているのだ。

画像


洗肺遊 北京藍でないのはどうしてというのは全くお門違い。
北京政府は止めさせたいのはGDPの流出だけなの?
この流れはGDPだけではすまないよと思う。
どう止めるのか?とめられるかな?

本文の写真はダイキンの空気清浄機。非常に活躍していますよ!
スゲーじゃん。

参考の本文はこちら、
http://www.am730.com.hk/column-301972

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック