旧正月があけたぞ! 泥語人の話

さあ!旧正月が明けたぞ!

13億の民よ。正月気分はおしまいだ。
経済崩壊などはぶっ飛ばせ。

今年は何をしてくれるのやら。毎年香港 C国はなんかやってくれるから
たいしたものだ。大年初一から香港騒擾Mong kok riot だったからね。

2008年のリーマンショックのときの上海の芸人の言葉が
大好きだ。そのときも株が大暴落していたからね。そこで一言。

だって私たち上海人はもともと何もなかったんですから。

そうなんだよ。何にもなかったんだよ。人民服に自転車だったんだから。

日本人も槍と刀とちょんまげしかなかったのさ。
それで黒船と戦おうとしたんだからなぁ。

香港だって何にもなかった。イギリスの植民地の前までは
一部の客家が住んでいる漁村だったんだよ。

今客家は香港では馬鹿にされているがもともと客家と漁民
しかいなかったんだよ。

香港および広州は大きく分けて4つの民族が住んでいるという。
①本地人(広州語:いわゆる白話を話す人)。
②客家人(1000年ぐらい前にシナ北方から来た人)
③福老人(福建系の習慣を持つ人)
④漁民(水上生活者)

④の漁民はほとんどいなくなったなぁ。香港ジャンクなど見ないな。
私の記憶でも広州の珠江の支流に少し見るくらいか。

③の福老(本当は老に人偏がつく)は雷州半島およびスワトウ潮州
あたりの人々。閩南語に近い。私は雷州の泥語(本当は泥話という)
というのがすごいと思う。

泥語人の思い出。床屋に言ったとき。泥語人にあった。普通話で
話しかけてきた。泥語人とのやりとを以下再現します。

泥語人「すごいでしょ。私は普通話ができるんだよ」
わたし 「すごいね。でもなぜしゃべるのだ」

泥語人「自分で勉強した」
わたし「それまで学校では何語だった」

泥語人「小学校と中学校の先生は泥語しかできなかった」
わたし「高校の先生は?」

泥語人「高校になって、やっと白話(いわゆる広州語、広東語)のできる
     先生になった」
わたし「へーすごいね。白話もできるんだ。」

泥語人「もちろん。我識講白話(私は広東語ができます)」
わたし「へーすごいね。あなたは泥語と広東語と普通話ができるんだ
    高校をでてから自分で普通話を勉強したんだ。天才だね」

泥語人「生きていくために必死で勉強したのよ。苦しかった。けど
     言葉を覚えるたびに道が開ける気分がした。そして今は
     日本語を覚えようと思っているの」
わたし「日本語は覚えても良いが英語のほうが良いと思うが」
泥語人「よく考えてみるわ」

ということであった。

諸君、泥語人もこんなに頑張っているのだ。
私も頑張るけど諸君も頑張れ!いつか私も雷州半島に
行ってみたいと思う。

C国は行きたいところばっかりだな。エネルギーをくれるね。
諸君外に出よう。そしてエネルギーを貰え!









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック