BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.2

画像


さて、BABYMETAL RESISTANCE(以下2nd)の発表から一夜明けた。

五周目ぐらいです。

各所から絶賛、肯定的、否定的な意見がネットを通じて見える。

昨日申し上げたとおり。

ひとことで言うと「素晴らしい」です。

2ndは1st albumのBABYMETALと同様良く考えられて作られていると思う。
金を出しても買う価値はあると思う。

総論および意見は昨日申し上げたので多くは繰り返さない。

さて、各曲の検証(review)に行きたいと思う。
もちろん、BABYMETALは新概念なので、獲得している部分と
獲得していない部分があるので獲得してない部分は理解不能だ。
且つ、音楽というのは好みがあるから意見は当然個人的意見だ。

1曲目:Road of Resistance
     この曲は2014年11月初演、2015年1月シングル発表なので、
     あまり、詳しくは述べない。聴いてください。
2曲目:KARATE
     この曲も既に述べたので省略。
     書いたとおり出だしの歌詞が良い。

3曲目:あわだまフィーバー
     昭和歌謡の様だが、J-POP要素もあり。きちんとメタルに
     なっている。
     これも初演はかなり前なのであまり多くを述べない。
     もっと歌詞にぶっ飛び感があると良いのでは。

4曲目:ヤバッ!
     これも昭和歌謡。私はベンチャーズを昭和歌謡と
     思っている。
     ベンチャーズスタイルだね。基礎の部分はメタルだね。

5曲目:Amore-蒼星-
     これは素晴らしい。

 曲全般:メタルを基礎にJ-POP風展開している。
     メタルもシンフォニックないしパワーメタルがある。
     テンポチェンジベースソロがあり。
     土台がアイドルソングないしアニメソング(アニソン)、
     J-POP気味だが、すぐギターソロになる。
     やはりヘビーメタルだなという感覚にもどりアニソン
     感覚を打ち消す。
 演奏
     32分音符の連続とテンポチェンジが多いので演奏
     はライブで合わせようと思うときついな。

     ギターソロ
     最後のフィニッシュは1曲目のRORに類似している。
     パワーメタル風。
 
     ドラム あいかわらず、打ち込みを思わせるスピードが
     あるね。
     ベース ベースソロが入るので面白い。
 歌詞
    愛よ地球を救えということで対象をアニメファン
    としているのかな。
    全般的にJ-POP風でおとなしめ。   


良いコンテンツがあるとオーディオに金をかけたくなる。
今あるオーディオでは彼らの超絶技巧演奏を味わえない。

結局、日本の高級オーディオメーカーが不振だったのも
日本人が高級オーディオを買う動機が無かったのだ。

つまり、高級ハードに値するコンテンツが日本に
無かったからだ。
だから安物のシナ産で良いということになる。

私の記憶でも1985年頃までは金をいくらでも
出しても聴きたい良い曲が洋楽邦楽問わず多かった。

電子立国の衰退の原因として一部の書籍では、
日本の企業が電子製品の値段を下げていかな
かったことが言われている。

私は違うと思う。むしろその反対である。

コンテンツの衰退がハードの価格低下を誘発したが
ハード側がそれに追随できなかった。
というのが正しいと思う。

日本の失われた20年とは製造業の低迷ではなく、
日本の文化的敗北が元になっていたのでは
なかったか


ということで、このくらいにして終わり。
次回以降は物議を醸し出しているメタ太郎や後半部だ。
待っててね。

See you!



BABYMETAL(通常盤)
トイズファクトリー
BABYMETAL

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BABYMETAL(通常盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

BABYMETAL(初回生産限定盤)
トイズファクトリー
BABYMETAL

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BABYMETAL(初回生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック