なぜここまで腐敗するのか 2

画像


さて、前回はなぜ共産主義者が腐敗するのか。
それはマルクスと言うおっさんの言ったことを正しいと
思うことから始まる。

つまり、自分の境遇が悪いのは世の中がおかしいからだとする。

それはみんな金持ちが悪いのでそいつから奪ってしまえ。
と言う原理である。ここに根本原理があるのだから、結局、
共産主義者自身が権力とカネを握った瞬間に奪い合いの繰り返しになると言った。

さて、今回はひきづつき、ではなぜこれほどまでに腐敗が繰り返されて
人類にまで被害をもたらすことになったのかと言うことについて申し上げたい。

一つは前述した共産主義の宿命なのである。
共産主義は奪い合うのが宿命なのであるのから、内ゲバにいく。

さらに様々な理由があるが、もう一つは民族的な体質である。
シナは古くから科挙というものがあり、公務員になるのは伝統的に難関である。

現在のシナの公務員も非常に難関試験である。
一族郎党が時間費用をかけて賄賂を含めて支援する。

なったらなったでどうなるのか、借金までして援助して
くれた一族郎党に対しての恩返しが必要になる。

それは権力を最大限に生かして
公権力を濫用して私服を肥やすのである。

さらに昇進するためにも賄賂がいるこのためにもますます
公権力を濫用してさらに私服を肥やす。

それは膨大である。何千億円の規模が当たり前で時には何兆円という
規模の公金横領や賄賂が時に摘発される。

このシナの伝統的体質が共産主義の奪い合いの腐敗原理
と結びついた結果、徹底的に天文学的な金額で
腐敗しているのがシナ共産党なのである。

そのシナ共産党の党是が反腐敗闘争であるということだから
恐れ入る。

泥棒一味の次の目標はさらに奪いあうために仲間の泥棒を取り締まるということである。
笑止千万だろう。しかもこれは内向きで内ゲバですと堂々と頭目が文書で言っている。

パナマ文書騒動でもわかると思うが取り締まる方は当然自己資金は
海外に既に移してある。

日本では絶対に考えられないのだがシナの共産党はこういうことである。

ここまでシナの腐敗について説明した。

まだまだシナのカネと権力の謎は沢山あるのでこれからも続くよ。

では See you!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック