写真 照像 その5 時間について

画像


あなたは10年前の10月は何をしていたのか?
誰も的確に感じ取れない。

時間は流れない。
川の流れのように時は流れない。

人間には時間の感覚器が存在しない。

いや体内時計というものがあって、洞窟に入ると体のリズムがあるそうだ。
しかし、それは24時間が1日ではなくて、25時間だそうだ。

でもそれは生理的に体が感じるのであって、感覚としては10年の歳月に関して何も残っていない。

画像


ただし、写真や言葉によってその時は止めることが出るのだと思う。
写真や言葉の記録によってしか過去は考えられない。
それしか過去を示すものはないし時間は過去からしか考えられない。と思う。

例えば10年前の10月はあなたは私は何をしていたのか?
私も同様に感覚としては全く何も残っていない。

私は10年前の10月は上海にいた。調べたからわかったことである。
もうすぐ取り壊されるという石庫門房子(上海語でボロボロの長屋のこと 1枚目の写真)を撮影していた。

おばちゃん達に頼んで共同炊事場を撮影させていただいた(2枚目の写真)。

撮影中後ろから声が聞こえるので再現(もちろん上海話ですが)
「こんなモンとってどうすんの?」
「この前もカメラを持った日本人が来てウロウロして撮影させてくれと言って騒ぎになった」
「日本人はなぜこんなものに興味があるのかね」

私はおばちゃん達に以下のようなことを言ったような気がする。と思うが定かではないが。
「10年後にこの場所は全く変わっているハズ。その時は跡形も残っていないよ」
「バブル前の東京をもっと撮影しておけばよかったと以前思った。過去の経験からそう思うだけさ」

今の上海のこの辺りがどうなっているかは私は知らないし見ることはできない。
ただし、10年前の10月は撮影した画像は今も見ることができる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック