とりあえず食べ放題 

画像


予想通り4月になってシナ人が大量に来日している。
私も街へ繰り出すことにした。やはり、香港人・広東人は料理屋の看板の前でどうしようかと時間をかけて悩んでいる。色々彼らとやり取りをしてみた。今日はわかったことを申し上げたい。

よく考えたら、外食というのは旅行者にとっては冒険なのだ。
その店は美味いかどうかはわからない。

いやぁ。今はね。ネットっていう便利なものがあり、そこで口コミを調べれば良いではないの。

そうではではないでしょう。

その店が美味しかどうかは自分の情報ではなく、誰かに聞いた話である。そして、その人間の個人的考えである。ましてその個人的な情報は今いる外国の情報であり、且つ言葉や味覚の違う外国人の情報はあてにならない。

美味しいかどうかはその人の主観であって、例えばピーマンが嫌いな人は絶対に青椒肉絲は美味いとは言わないだろうし、トマトが好きな人はなんでもトマト料理は美味いという可能性があるよね。
客観的に言えるのは量が多いか少ないか、あのステーキは200gだ!程度だと思う。

10年近く前、広州で広東人が口々にフォンタイ。フォンタイだね。と言っていた。

レストランで隣のおばさんもそうと言っていたのでどういう意味?と聞いてみた。

そうしたら、日本語の「放題(ホウダイ)」の広東語の発音だったので拍子抜けした。
自助餐(ジゾーツアン)という立派な広東語があるにもかかわらず。「放題」を使うようになって行った。

画像


いずれにしろ、香港人にしろ広東人にしろこの地域の人々は食事に全力を傾ける人が極端に多い。
日本に旅行に来てまずいものを食べるわけにはいかない。もしまずいものを食べたら彼らはその日が一日陰鬱になるだろうと言うことを知っている。

で、とりあえず、メニューが多くて食べ「放題」なら万が一まずいものを食べてしまってもその料理は避けて別のものを食べることができる。全部がまずい料理になるというリスクは避けられると思う。

なるほどだから、日本の看板の放題の文字で判断したのか。そうすればまずいメニューになるリスクを減らせるね。

私は10年越しの悩み「香港・広東人がフォンタイ。フォンタイ。という」ことが解決された。

やはり、日本旅行で何を食べようか迷った時は放題の店が安心だね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック