観光立国に立ちはだかる壁 それはあなた自身 5

画像


港湾の釣り施設開放支援 国交省

観光分野での港湾の活用推進に向け、国土交通省が防波堤などに釣り施設整備を進める港湾を支援することが2018年3月24日、分かった。事故防止のための安全対策のほか、地域の飲食店などと連携したサービスの企画を後押しする。国内愛好家の来港を後押しするほか、釣り体験をクルーズ船で来航する訪日外国人旅行者向けの観光プログラムとして普及させる狙いがある。

 日本釣振興会と連携して青森や秋田の2港に転落防止フェンスやはしごなどの安全対策をした上で、道具が貸し出しできる釣り施設としての整備を進める。釣った魚を近隣の飲食店で調理できるサービスなども議論する。今後は同種の取り組みを進める港湾を「みなとフィッシングパーク(仮称)」として手続きや資金面での支援を行う。

 国交省によると、港湾は原則的に船舶が寄港する岸壁では釣り目的の利用が禁止されており、全国に933カ所ある港湾のうち、釣り施設のある港湾は50カ所にとどまるなど、観光施設としての利用が進んでいない。一方、釣りは国内外でレジャーとしての人気が根強く、海外クルーズ大手のプログラムにも海釣りが組み込まれている。

画像

これは良いことですね。個人的には私も海釣りは好きです。

以前、「観光立国・・・」の連載で、私は申し上げましたが、野山をかけめぐったり、海を遊びつくす日本の子供になった気分であれば資源はいくらでも見つかる筈と申しました。

なんか国交省は私のブログを見てくれたのでしょうか・・・。それは自信過剰というものでしょうが・・・。

いずれにしろ。

釣りもそうなんですよね。自然が相手ですから、健全な娯楽とも言えますね。天候や潮汐、地形、地理、生物の生態、色々な知識が必要ですね。リアス式海岸や砂浜がそこら中にある国も珍しいですね。これが内地の特徴でかつては多くの漁村や漁港では素潜りをしたり釣りをしたりする子供達の声が満ち満ちていたはずですね。

先日ふとした事から写真家の荒木経惟氏の「さっちん」という作品を思い出しましたね。
遊びに対する昭和の子供たちの満ち満ちたエネルギーを描写していますね。
もちろん荒木氏も満ち満ちたエネルギーの塊のような人みたいです。もちろん映像や作品から私が判断していることで荒木さんには会ったことはありませんけどね。

画像

だから、内地の観光資源は海だけではなく野山にもヒントがあるはずですね。
おらが村には観光資源が無いのじゃ。というのは早計かもしれませんね。子供に聴いてみましょう。子供が少ない過疎の村ではあなたが、子供の頃どういう遊びをしたか振り返って見て試して見たらいかがでしょうか。
画像


では
See you!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック