陸上競技2 日本新記録 9.98

福井国体が終わりました。選手の皆さんご苦労様でした。大会関係者の皆さまご苦労様でした。
行きたかったのですが、いかれませんでした。福井国体の陸上競技場の名前をきいて、びっくりしました。9.98スタジアムということらしいんですよ。福井県営陸上競技場から変わったということですね。やりますね。福井県。

もちろん、9.98というスタジアムの名前の由来は、この福井県営競技場で昨年、全日本大学陸上選手権(インカレ)で陸上男子100mで桐生祥秀選手が9.98秒の日本記録を出しましたからですね。。

画像


さて、前回に引き続き陸上競技2 日本新記録 9.98と題して記載します。

私も昔少し、短距離と走高跳ですが、陸上競技に関わったことはあります。昔といっても数十年以上前の話ですが。
競技は現在はしません。最近競技観戦はするようになってきました。

なぜ観戦するようになったかというと、やはり、昨年の桐生選手の9.98秒の日本新記録がきっかけですね。

その時の映像をネットで見て、もちろん、桐生選手や最後まで争った多田選手の走りもすごいのですが、当時福井県営陸上競技場の方の盛り上がりが凄かったですね。

ですので、その場にはいなかった事が非常に悔やまれましたね。その場にいなかったとしても、日本新記録のシーンを一度出くわしたいと思いました。

長くなりましたが、そういう事で久しぶりに陸上競技を観戦することになったんですね。
ですので、こちらの話題をこれからどんどん書きたいと思います。

日本の陸上競技会は昔と比べて華やかになってきたとは思いますね。

(昔のスポーツはプロ野球、相撲に偏っていましたね。←これは後にしましょう)

これは感覚なんですけど。やっぱり、桐生選手が陸上を続けられたというのも、リオ・オリンピックの陸上男子4✖100mのリレーで銀メダルをとっているからなんだと思うんですね。

現在は北京オリンピックのリレーメンバーの方が銀メダルが早かったそうです(上位のチームがドーピングで失格)が、いずれにしろ桐生選手というのは何か持っているのでしょうね。

足の速い人はたくさんいますね。でも、やはり、何か華が無いと人は集まりませんね。人が集まらないと交流が生まれない。交流が生まれるから、人は集まるんですよね。以前申し上げた、マーケティングはよそいき理論なんですけどね。

桐生選手他日本男子リレーチームには私もスタジアムで見ましたが、何か他の選手たちと比べて、華がある。だから、観客を呼べる。
画像


前回、陸上競技では金銭的な課題があり、大学卒業後、生活が成り立たない。長く選手生活をやっていけない。と申しましたね。野球やゴルフやテニスでは多くのプロ選手がいますね。でも良く考えて見ましょうね。

陸上競技や競泳は中々、金銭的には成り立たない。競技人口に比べて圧倒的にプロ選手が少ないと私は思っています。

多くのスポーツがありますが、やはり、客を呼べるのが最も大事だということですね。かつては、日本の代表的なスポーツといえばプロ野球でしたね。かつては老若男女がその話題でしたね。でも多くのスポーツがある中でなぜかつてはプロ野球がこれだけ繁栄したのか?だったのか?

そう思いませんかね。以下は私の見解です。

結局、日本プロ野球も巨人の長嶋選手、王選手の貢献が大きいと思いますね。なんといっても彼らには華があった。客が呼べたんですね。長嶋選手のダイナミックなプレーが見たい。王選手の記録に出くわしたい。こういう動機があるんですね。

そして、彼らもそういう観客の期待に応えようとするのがわかるんですね。プレーも記録もファンサービスも一流ですね。特に長嶋選手は大一番にも強いんですよね。そして、魅せるんですよね。

画像


話題がどんどん遷移してしまうのでこのくらいにしますが、陸上競技会への提言ですが、やはり、こういった、桐生選手や山縣選手を華にして盛り上げていって欲しいですね。もちろんやっているでしょうけど。

こちらも、競技場へ足を運び直接応援するようにします。長くなりましたのでこの辺で。

では

See you!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック