終身雇用、年功序列はそろそろ 2 小さな大学入試異変

終身雇用、年功序列はそろそろ の第2回目です。

終身雇用、年功序列の制度がだんだん維持できなくなってくるという前回の内容でした。
しかし、もう一度振り返ってみると、日本の終身雇用、年功序列というものはどうやって出来上がってきたのでしょうかね。

令和の時代になり終身雇用、年功序列をやめてしまえという議論が起こっていますよね。

でもそんなに簡単に行くでしょうかね。日本の高度成長やバブル前の日本の終身雇用、年功序列に対する海外の評価は異なりましたよね。

年功序列が日本の強みなんて言われていましたね。そもそもなぜ、年功序列だったんでしょうかね。やめてしまえの議論の前に、そもそもなぜそうなっているのかという議論が少ないような気がしますね。

年功序列なんていう制度自体が世界中で稀に見る制度なんですよね。基本的には世界中、どの組織も、実力主義なんですよね。同一労働、同一賃金が当たり前ですね。もちろんかつての社会主義国の制度を除いてはですけどね。ですから、年功序列なんていうものがどうやって成立したかが、ポイントなんだと思います。

以前私のブログにも書いたのですが、今は、人手不足なんですよね。昭和の初期の一時期を除いてですが・・・・。明治から今までずっとそうだと思います。東京を中心とした日本の経済の中心地は常に人手不足でしたよね。人手不足を解消するために、色々な企業は人を採用するために、高額な賃金を提示してきたんですよね。低額な賃金では人は集まらないのですね。さらに、都会で、便利なところにオフィスを構えないと優秀な人材が集まらないのですよね。

地方創生とか地方再生とか言っていますが、地方には魅力が無いし、賃金も低いでしょ。衰退するのは当たり前なんですね。

それはともかく、人手不足であったんですね。でも、戦後、朝鮮動乱の頃はたくさん仕事があったのですが、人が集まらない。集めるために、実力主義で高額な賃金を提示して人を集めたんですね。

でも、当時はやっぱり、優秀な人は少ないのですね。農家の次男坊、三男坊が東京に集まってきますが、スキルが低いんですよ。単純なことは我慢してやりますが、給料が低いからすぐやめてしまうんですね。ですから、給料が低くても、終身雇用、年功序列にして、企業が低いスキルの人たちを教育して、長く勤めてもらった方が、会社への忠誠心も向上すると考えたんですね。

高額な給料が払えない企業は、安い給料でもスキルが低い人を集めてなんとか教育して、終身雇用や年功序列で長く勤めてもらう様に工夫していったのですね。

結果、うまく忠誠心やスキルを向上させた企業が成長していったんですね。それが今の大手企業だったんですよ。でも、時代が変わり、変化が激しい時代になりましたね。ですから、優秀な若者には莫大な給料を払わないと、来てくれない時代になってしまったんですね。

というより、いつの時代も、どこの国でも、時代が変わる時は、時代についていかれない人もいっぱいいるんですけどね。

ではどういう若者が高額な給料をもらっているのでしょうかね。それは、特にIT関係ですね。IT関係は常に人手不足ですね。
これは皆さんもご存知だと思います。

それから、外国語ができる人材ですね。外国語ができる人材は昔から重宝されていましたからね。

意外だと思われる方がいると思いますね。最近は会計が人気ですね。

一例を挙げますと、今年の春の大学入試で2つの大きな異変がありましたね。
気が付いている方はあまり無いと思われますが、これは私が気が付いたことをコッソリと教えてあげますね。

大きなトピックスとしては、東京大学の入試と早稲田大学の入試結果でした。

東京大学の文系入試ですが、文系の難易度としては、最高峰とかつては言われていました文科一類でした。しかし、今春の入試では、合格者の最低点が文科二類を下回りました。ということは。文科二類の方が難しいかった訳です。一説によると、東京大学に受かりたい層が、文科二類に雪崩れ込んで、結局は文科一類を上回ったという説が大勢を占めていました。

しかし、私はそうは思いませんでした。大きな潮目が変わる前兆ではないかと思っています。その内容を話す前に、もう一つ、の事象がありました。

では一方の、私学の雄、早稲田大学はどうだったのでしょうか、早稲田大学の看板学部といえば、政治経済学部と法学部でしたが、今春入試のデータをもとに某大手予備校が偏差値を割り出したら、なんと、政治経済学部と商学部が最高偏差値で並んだということでした。

東京大学の象徴的な出来事の上に早稲田大学でも、法学部より、経済、経営系の学部が難易度が上がっているつまり、人気が出ているということですね。

一方、慶應大学では商学部が偏差値が上がったという例は見られませんでした。ということで、慶應大学は当てはまらないとはいえますが・・・。

しかし、東京大学と早稲田大学で見られた事象は偶然とは思えませんね。世の中が、変わっていく前兆と私は思っています。
特に、最難関大学を受ける若者は当然、自分の進路については高いレベルで考える傾向がありますし、その親御さんも、子弟に対しては将来を見据えてアドバイスすることでしょう。

実際、東京大学、京都大学の就職先人気ランキングの1位はアクセンチュアで、2位はマッキンゼーですね。コンサル系が上位を占めております。コンサルの分野は戦略系、業務改革系、IT系となっており、当然、会計や経営の知識を要求されますね。
そういう知識を総動員して、コンサルは様々な企業への支援を行うものと私は理解しています。

ということはこういったコンサルに発注する会社側も、経営戦略、IT、会計で困っているということの現れだと私は思っております。

若者としてはせっかくの大事な青春を無駄な時間にしたくないでしょう。ですから、将来を、よりニーズのある職種や専門性を目指すために、かつての法学系から、経営、商学部系にシフトしており、上位の難関大学からその動きが見えてきているのだと私は思っております。

終身雇用、年功序列の話から、大学入試の話に飛躍しましたが、優秀な若者はすでに、未来を先取りしているような動きを見せていると思っております。

ですので、終身雇用や年功序列が終わりそうということで、どうしたら良いかわからない方々は、会計などを試してみたら如何でしょうか?
今後ITと並んで、会計や経営については私のブログでも多く取り上げいきたいと思います。

では

See you!








ITリテラシーはあなたを救う 2 結局は引越しか?

ITリテラシーはあなたを救う の第2回目です。先回はSIMフリー端末について触れましたが、携帯キャリアの端末をSIMフリー端末にしましょうということを申し上げました。私の申し上げることは個人的な感想ですので全て、皆様の自己責任でお願いします。

ITリテラシーを高めるということは、鯔のつまり、今までやっていたことを変更しようということですね。
業務プロセスの見直しという言い方もあれば、働き方改革なんて言い方もありますが、要するに、今までやっていたことを見直すということです。

では、今までやっていたことを、見直すのではなく、思い切って、やめてしまえ!ということを申し上げますね。
あなたは固定電話はありますか?
FAXがまだありますかね。fax-machine.jpg

固定電話とFAXで仕事をしている、もしくは携帯電話やスマホがないのならば、仕方ないのですが、もし、ほとんど使っていないというのならば、思い切ってやめてしまうというのはどうでしょうかね。

確かに、慣れ親しんだ固定電話であると思いますけど、基本料が勿体無いですよね。また、固定電話の置き場所も勿体無いですね。すでにSIMフリー端末があるのですから、思い切って捨ててしまいましょう

yjimage.jpeg

固定電話やFAXが置いてあった場所にはPCを置いたり、モニターを置くなどして活用しましょうね。もちろん、このブログを見ている方はすでにPCやスマホを持っているのでしょうけれども、意外なことに、固定電話やFAXを持っている可能性がありますね。

えっ。難しい? 固定電話も無線LANの元になる光回線もスマホもセットにされている?なるほど。それが携帯キャリア会社の戦略ですね。
ではスマホの更新月を狙って、全部解約してしまいましょう

えっ! 更新月をご存知ないですか?
携帯電話のキャリアは大体契約後2年経つと更新月が設けてありまして、その月には解約しても違約金が取られない仕組みになっているケースが多いですね。ですので、その月になったら、とっとと解約してしまいましょう。既に過ぎている方は10千円弱程度のお金が取られてしまいますが、SIMフリーの端末に切り替えれば直ぐに回収できると思いますので、思い切って変えてしまった方が良いと思います。でも、これは自己責任でやってくださいね。

いずれにしろ、今までのキャリアと綺麗サッパリオサラバしてしまっても、全然構わないと思います。しがらみで難しいという方は知りません。もう既に、ムラ社会の一員ですね。

さて、固定電話もFAXも捨てて、携帯キャリアも捨てて、全て新しく乗り換えましょう。色々なキャンペーンをやっていると思いますので、よく比較して、縛りや変なオプションがないものを吟味して選びましょうね。

自分の部屋には無線ルーターがある方がオススメです。設定の仕方は面倒ですが、頑張ってやりましょう。今時LANケーブルは面倒ですからね。
1-8.jpg
光回線が繋がらないのでという方で、かつ、ネットゲームや動画編集を多くしないというのならば、モバイルルーターでも、良いと思います。
kaigaiwifi_router.png
旅行先や外出先でも、ルーターとして使えますので、これは便利だと思います。ただし、電波の状況が悪かったり、時間帯によってはスピードが遅い場合があるので、自宅でお試ししてダメならとっと解約しましょう。ですので最初の契約に際しては半年とか1年とか縛りがあるのは避けた方が良いですね。


その他にやめてしまった方が良いと思われるのを上げていきます。

紙媒体にコストをかけているのならばやめましょう
ITリテラシーを高めるためには紙媒体を減らすことですね。
先ほどFAXをやめましょうと行ったことにも通じることですが、紙情報が多いとどうしてもゴミが増えますね。ですので直ぐにはやめられないということでしたら電子媒体にすることですね。

代表的なものは新聞ですね。
新聞を購読しているのならば新聞をやめてしまいましょう。新聞の半分以上の内容は読んでいますか?そこまで時間が有りますか?
結局、古新聞として棄ててはいないでしょうか?広告の山ばかりではありませんか?
でしたら、とっととやめてしまいましょう。どうしても読みたければ、ネット購読もあるんですよ。
p1.jpg
次は雑誌の購読ですね。
雑誌の定期購読をしているのならば購読をやめてしまいましょう。
これも新聞と同様ですね。自分から取りに行く情報の方が価値があると考えて、とっととやめてしまうことですね。
また、置き場所もなくなり部屋がスッキリしますよ。

51X5qSWLXCL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg
では書籍はどうするのか?
という質問があると思います。
私は極力は電子書籍で購入しています。

お子さんがいて、受験関係の書籍はどうしても依然として紙媒体に頼らなければいけないところもありますので、書籍は全部はやめてしまえとは今のところは言えませんが、電子書籍にすれば保管のスペースがいりませんし、非常に格安で購入することができると思います。

ここでおすすめなのが、読書メーターというアプリですね。

login_main_visual-6ecfd853bea3ec17781d7c13ec18fac6b7d147b1b69dd673a234a620319b04e4.png
もちろん私は読書メーターの回し者ではありませんが、これを使うことでスッキリしました。電子書籍は色々な会社があるので、特に決めていません。時々無料や格安キャンペーンの時にどかっと買ってしまいます。
ですが読書メーターに記録しておけばどんな本を買ったのかがわかりますね。購入先で分類するのも良いかもしれません。
また、著作権切れの書籍を扱う無料サイトもあります。真面目なものもありますが、無料サイトは気をつけましょう。

どうしても、紙の書籍を購入することがあると思いますが、相当思入れのある場合の書籍を除いて、1年以上読み返さない書籍はとっとと古本屋に売ってしまいましょう。書籍は死蔵するより、別の人に見てもらった方が価値がありますからね。
img_9eb6062aa8295b23991bd42e66e137201048938.jpg
どんな本であったかというのは読書メーターに記録しておく程度で大丈夫だと思います。


それから、NHKやケーブルテレビの解約ですね。
NHKをぶっ壊せ!なんていう人が国会議員になりましたが、もう既に、NHKを見る必要がないのですね。私はNHKのテレビはNHKのラジオ程度の価値しかないと思います。もうすぐ廃れるものをぶっ壊せ!なんて言っても時間とともに衰退していくものです。思い切って解約しましょう。
テレビはネットのモニターとして使いましょう。
yjimage.jpeg
でも、新聞、雑誌、NHKやケーブルテレビなんていうものは本当は必要なかったのに人間関係に介入してきているものも多くあると思います。、人間関係が壊れるので解約し難いですね。ですが、そんなことを言って、泥舟にしがみ付いていると、全員が沈んでしまいますよ。

結局ではどうすれば良いのということなんですけど、思い切って、引越しをすることですね。
現在、家賃相場も大きく変わってきていますね。通信環境を確認して、家賃も高いところから安いところへ引越ししましょう。紙媒体がなくなったので、部屋もスッキリしましたでしょう。今までの考え方ですと本棚や新聞、雑誌置き場なんていうものがなくなるでしょうから、多少狭い部屋でもOKだと思います。PCやモニターといったIT機器の置き場があれば良いのですね。

新聞もNHKも固定電話も綺麗さっぱり止めることができます。固定費も下げることができるのですよ。ですので、結局はITリテラシーを高められる環境を一気に作り出すことが、できますし、心機一転引越しをお勧めします。
2015-02-26_131925.png
ITリテラシーを高めることで、固定電話、FAXの置き場や新聞、雑誌、書籍の置き場を減らすことができます。また、部屋の数を減らすことができますし、家賃も浮きますね。また、既に部屋に光回線が格安で契約できる物件も多く存在しています。そういう物件を狙って、思い切って、引越してしまいましょう。そうすれば、家賃も節約できますし、古いシガラミなんていうのも綺麗サッパリ取り除けますね。良いことづくめですね。

ITリテラシーを高めるということは費用や時間が浮くだけではなく、古いシガラミからも逃れられることに繋がるということですね。


長くなりましたが、ではまた。

 See you!


ITリテラシーはあなたを救う 1 SIMフリー端末

昨年末から、実際私が取り組んだIT関係の記事をぽちぽち書いておりますが、そういうのを一度全部ひっくるめて書いてみようということにしたいです。ですから、ITリテラシーはあなたを救う。ということで第1回目を始めたいと思います。

私はITリテラシーが低いと自覚しています。ITリテラシーを高めて、自分の業務や趣味の時間を短縮して、効率化できれば良いと思っています。
また、ITリテラシーを高めることによって、余分な出費を抑えて、自分のやりたいことの資金を貯めることができれば良いなと考えております。

だから、ITリテラシーを高めることの一つとして、今回はSIMフリー端末について申し上げます。
ちなみに私はブログでBIGLOBEを使っていますが、BIGLOBEの回し者ではありませんので悪しからず。
yjimage.jpeg

こないだ、と言っても先月ですね。ITリテラシーの高い人、つまり、システム関係者ですね。そういう人たちが集まる食事会に出席したときのことです。5名ぐらいですかね。

多くの人がスマホを持っていました。聴いてみましたが、全員の端末がSIMフリーでしたね。
キャリア(ドコモ、au等)で数千円も払うのが馬鹿馬鹿しいとのことでした。

私は約3年前から、SIMフリー端末でしたが、その頃この様な話を聴きましたITリテラシーの高い人に聞いてみたら半々ぐらいでしたね。
career_650.jpg
世の中変わるものですね。当時はSIMフリー端末を使っていると怪訝な目をされる時もありました。でも、よく考えてみて下さいね。
今は多少は安くなりましたが、キャリアの携帯ですとどうしても5000円程度/月かかってしまいますね。家族が4人いたら、約20千円/月もかかってしまう計算になりますね。折角のネット社会ですよね。テレビを見なくなりました、新聞も読まなくなりました。NHKの受信料が節約できました。新聞の購読料も払わなくなりました。でも、結局、携帯のキャリアの会社に20千円/月以上も支払っていたら、家計としては相当な負担になりますよね。IT社会の恩恵を受けていないと思いますね。

そもそも、IT社会になって、テレビは見なくてもOKだったはずですよね。そもそも、新聞も読まなくてOKだったですよね。
それと同じようにそもそも、電話での通話は必要なんですかね?
電話は相当込み入った話とか、緊急性のある場合は必要と思われますが、基本的にはそんなに通話は双方の時間を失いますよね。

急ぎでなければ、メールで事足りるでしょうね。今日、何時に帰ります。ですとか、晩御飯は不要です。なんて言う連絡なんていうものは急ぎの場合はともかく、メールで事足りますよね。よく考えてみれば、メールアドレスがあれば事足りことをわざわざ、不要であった電話で連絡していたことに気がつくでしょう。

そう言うことで、SIMフリー端末を購入して、SIMカードを購入すれば、1千数百円/月程度であなたの端末が、現在のキャリア通話の端末とほぼ同等の価値を維持できると言うことに気が付いた方が良いと思いますね。

でも、どうして、キャリア通話の方をされているのかと言うと、やはり、設定が面倒くさいとか、勧誘がうまいとか言う声がありますね。私の知り合いでも、携帯キャリアショップ店員に言われるがまま、オプションもそのままつけたままで、1万円/月も払っている人がいます。そう言うことも現実ですね。朝夕のラッシュ時に若干音声の品質が良いというのも利点だそうです。

しかも、3年ぐらい前はFREETELなんて言う業者もあって、事業がうまくいかなくなったケースもありましたから、格安SIM業者に対して違和感があるのも、最もでした。
freetel-musashi-simple-2.jpg
ですが、一度試してみてはいかがでしょうか?

と言うか、冒頭で申し上げました、ITリテラシーの高い人は既に多くの人がSIMフリー端末にして、格安SIM業者のSIMカードを契約しているようですね。設定は苦にならないと思いますね。私もやってみましたが、大したことはありませんでした。

一説ではSIMフリー端末は既に10%ぐらいのシェアを占めているとの情報もありますね。
006-03_500x344.jpg
私は既に3年前からSIMフリー端末にして、格安SIM業者と契約しているのですが、最近、この状況を見まして、嬉しかったですね。
私はSIMフリーを先んじて始めていたことが、ある意味実証されたからですね。

特にこの10%はITリテラシーが高い人だそうですね。

私自身はITリテラシーが低いと思っております。ですので、まだまだ仲間入りは難しいと思っています。これからも、色々、努力しようと思っています。

これからもこのようなITリテラシーネタをどんどん紹介していきたいと思います。

ではまた

See you!




フィットネスクラブの強制力

今回はフィットネスクラブの強制力について申し上げたいと思います。
以前も触れましたが、人間が生きる上では余裕が無いと厳しいというようなことを申し上げましたね。
一つは、お金、もう一つは時間、そして健康ということを申し上げましたね。

この3つは普段はその重要性に気が付きにくいのですが、失って初めてその重要性に気がつくものだと思います。
お金や時間については以前から何度と無く、申し上げたつもりです。ですので、今回は健康について申し上げたいと思います。

私は、今までは、フィットネスクラブというものの割引券が運よく手に入った時だけ、行ったことがありました。期限付きで、確か5枚くらいもらったと思います。1回は1千円以下で行かれるような割引券だったと思います。1回から2回は行きましたが、毎回お金を払うのが億劫になりまして、行くのをやめてしまいました。

若い時は、フィットネスクラブに行っている人を電車の車窓から見て、お金をかけて、部屋で走ったり、自転車を漕いでいるのは馬鹿馬鹿しいと思っていました。そんなに走りたければ、街中をジョギングしたり、サイクリングしたりすれば良いのになぜわざわざお金をかけてまで、狭い部屋の中で運動するのだろうね。なんて思っていました。

ですが、ある時、私自身、非常に首から肩にかけて、痛みが走るようになりました。最初は2、3日で痛みは引くだろと思っていたのですが、1週間経っても痛みが引きません。ですの、医者に行ってみました。色々な検査をしました。当然、X線の検査もしました。結果、医者の診断は、運動不足ということを指摘されてしまいました。

自分自身振り返ってみて、確かに当時はほとんど運動をしていなかったですね。1週間のうちに座っているのがほとんどで、ほとんど汗をかくような運動を全くしませんでしたら、なるほどなぁと合点がいきました。

そこで、色々考えたのですが、自分でジョギングをしたり、部屋で腕立て伏せをしてみたりしましたが、続きませんね。運動は苦手ではないと思っていましたが、性格的には集団で競技をすることも嫌いなのですね。でも、一人ですと長続きがしません。

思い切って、フィットネスクラブに入会してみました。月1万円程度ですね。キャンペーンをやっていて確か、最初の1、2ヶ月は半額になるとのことでしたので、嫌だったら、後で辞めたら良いと思いまして、入会してみました。

そうしましたら、最初のうちは月、8回ぐらいでした。1回あたりは何とか1千円以内に抑えたいということで、10回も行った月もありましたが、如何せん無理はいけませんねというのを悟りました。筋肉痛も苦しいです。少し、サボっていたのですが、口座から、自動引き落としになっているものですから、行かないと無駄になりますね。ですので、今は月5回ぐらいを何とかキープしています。1年以上は続いています。

最近は運動をしていないと何か少々気分が悪くなりましたね。歯磨きと同じで、歯磨きをしていないと何は違和感がありますね。それと同じで、運動をすれば、違和感が解消できるようになってきました。

結果、病気も怪我もせずになんとか健康的には余裕のある状態を維持できている状態だと思います。これでよくわかりました。

会員制クラブの強制力というものでしょうかね。

タダでフィットネスクラブを行けるんですよ、と自慢している人がいますが、自腹が痛まないことでは通わなくなってしまうのですね。

健康維持は毎日コツコツとやらないと効果がありません。しかし、怠けるとすぐに効果がなくなってしまう。

強制力がないと続かないものがあるんですね。
人間は何もしないでダラダラしているのが非常に楽ですね。遊んで、歌って、踊って、呑んだくれて・・・。

でもそれでは、蟻とキリギリスの話では無いですが、厳しい冬がやってくるんですね。
だから、強制力というのも必要なんですよね。


現代社会の強制力が必要なものは健康維持ですね。便利になればなるほど人間の運動が不足していくような社会ですね。駅の階段の昇り降りが億劫になって、エスカレーターやエレベーターをついつい使ってしまいますね。

何も運動をしないと健康に悪いというのが現代社会ですね。現代の病気の多くが運動不足からくるのではないでしょうか?
私は医者ではないですが、多くの病気は運動不足を解消すれば予防できるような気がします。

人類というのは何万年も狩猟で生きていましたからね。常に外に出て、獲物を狙ったり、木ノ実や山菜を取りに行ったんですよね。ですから、何万年も繰り返されてきたので、こういう人間の姿になってきているのです。しかし、現代社会の快適化の流れとは相反しますよね。普段から獲物を狙うような仕事をしている人は良いですけどね。

でも、やはり、現代社会において、一日中、PCに向かっていることが多くなってしまっているようですね。

いずれにしろ、私はあれだけ馬鹿にしていたのですが、フィットネスクラブには良い面の強制力があるように感じています。
人間には強制力を効かせないといけない場面も必要だなと感じています。

他に例があるでしょうかね。
浪人生の予備校に相当すると思います。

宅浪がコストパフォーマンスから言えば、理想なんですけど、中々、宅浪は続きませんね。本当に辛いですよね。誰からも何も言われないのですよね。一人ですから長続きしそうにないと思ったら、やはり予備校に行くでしょうね。

皆さんも良い強制力を働かせて、いただければと思います。

ということで、今回はフィットネスクラブに通った経緯とフィットネスクラブの強制力について申し上げました。

では

See you!





2019香港 3

国際的な観光地で知られる香港の国際空港で欠航が相次いでいます。

原因はなんだ!とききたがる人がいるでしょうけれど、原因や理由は立場によって異なります。

EB2Z3wwXUAEwcpC.jpg-large.jpeg


色々あるでしょうが代表的な者として、大きくは以下があるでしょうか。
一つは、香港国際空港側が示威運動が空港で座り込みを始めたので、業務に支障をきたしていますね。機体の離発着を止める。
と言うことでしょう。
EBwot4zUYAEaU9w.jpg-large.jpeg
でも、それは示威運動側としては、立場が異なります。
示威運動をすると催涙弾、ゴム弾の攻撃を香港警察らしきものから受けるので、外国人の多い空港で抗議活動を行い、全世界に、香港政庁のシナへ犯罪者引き渡し政策への反対をPRすると言う目的がありますね。
示威運動側の目的は空港の機能を止めることではない。


yjimage.jpeg
香港政庁側としてはどうでしょうか。
香港政庁側としては香港人の示威運動そのものを認めないのです。
ですから、示威運動によって、混乱させた報復として空港の機能そのものを停止して、示威運動の効果を無くすと言う狙いがあるものと思われます。香港政庁から香港国際空港側へ指示があったかどうかはわかりません。

いずれにしろ、一義的には香港国際空港がサービスを停止したと言えるでしょう。
示威運動側の目的と空港機能がストップすると言う目的が異なりますね。

ですので、表面上は何かが混乱して、空港機能がストップしたと言うことにしか見えませんね。

では何がどう言う問題かと言うことを整理する必要がありますね。

デモ、でも長くなりそうなので今回はこのくらいにしますね。

では

See you!



2019香港 2

20190809-00137743-roupeiro-000-10-view.jpg

先日、モニターをアマゾンで購入したと申し上げましたね。
そのおかげで、土日は香港の示威運動をライブ中継を見ながら、このブログを書くことができます。

別の画面で見ながら、安全な場所で、ゆっくりとのんびりとこの記事を書いています。
示威運動側はレーザービームも使うようになっておりますね。

示威運動側も装備がアップグレードしてきましたね。組織化されつつありますね。
長期化していますよね。長期化し終わりが見えないのですね。でも、大陸側もメンツがありますから、現在はハイテク化の攻防でしょうが、今後、人民解放軍を投入して、香港の示威運動側を鎮圧することになるでしょうね。

ですので、示威運動側としては、今後、人民解放軍と市街戦を戦うことになるでしょうから今は勉強中でしょうね。

とでも思っていますね。人民解放軍との市街戦の時にはスマホでのんびりと撮影するのは、難しくなるでしょうね。
瀋陽領事館のハンミちゃんの時の撮影の必死さが必要になると思いますね。

でも、いずれにしろ、今後、どうなるかは全くわかりません。

ちなみに昨日のラーメン屋で私はラーメンを食べていましたが、隣は香港の親子3人
水入らずでしたね。ゆっくり、1週間日本旅行をしているとのことでした。

でもこの示威運動をしている若者たちは、嫁すらもらえそうに無い、若い無名戦士なのでしょうね。

では

See you!

中学校の教科書 文科省の失態を暴く 2 〜音読みの発明を生かせ〜

中学校の教科書 文科省の失態を暴く の第2回目です。

前回は導入部分でしたね。以下の問題を読者の皆さんに出しました。
この地名を漢字で書いてくださいという、問題です。答えと解説をいたします。

Q1 チューハイ
40_97.jpeg

A1 珠海 ジュカイ ですね。 広東省の都市名です。マカオに面しており、観光業が盛んになっています。音読みのまま、ジュカイと発音を明記すれば良いのにチューハイといったら、夕方の駅の売店でおじさんが買っている飲み物のことですよね。
 でも こんな言葉が出題されて、中学生は回答しないといけません。もちろんチューハイといっても日本では誤解を受けるし、シナでも全く通じませんね。北京語の発音はジューハイに近いですが、これとて通じませんね。珠海の「珠」つまり「ジュ」の音は日本語にありません。でも音読みの方が近いと思います。チューでは通じませんね。

Q2 コワンチョウ

A2 広州 コウシュウですね  広東省の省都ですね。歴史的にも有名な都市で、鎖国状態のシナの出島的役割をになって来ましたので、対外的には理解がある都市です。日本では博多や長崎を合わせたような存在ですね。
発音としては北京語でグァンジョウといってギリギリ通じるかどうかですね。
広州はカタカナ表記で発音しても、シナではほぼ通じません。
中学校の教科書通りのコワンチョウといっても日本人にも通じませんし、シナ人の誰一人として通じないでしょう。

広東語の中心地なので、広州を広東語でいうとnグォングザオといった方が通じるでしょうね。頭にn音をつけるとネイティブに聞こえますね。

こう言う大都市について、カタカナを学習して何になるのでしょうね。広とい文字もシナでは通じないのです。廣州なら文字情報として通じますね。

40_97.jpeg


Q3 チョントゥー

A3 成都 セイトですね。四川省の省都ですね。こちらも歴史的にも有名な都市で、古くは三国志の時代、日本で言えば卑弥呼の時代ですね。その頃から表舞台に立っている都市です。

チョントゥーといっても全く通じませんね。北京語ではチェンドゥーといった方が近いでしょう。でもこれでも1割ぐらいの人しか通じないような気がしますね。これは漢字で書くしか無いでしょうね。

e54340fe2c7d2e9eac072d6c8849c3f6.jpg


Q4 シェンチェン

A4 深セン シンセンですね。センの字が日本語の常用漢字にありませんので表記できませんね。これはこれで問題ですね。私はセンがかけない場合はカタカナにします。いずれにしろ、香港と接ししている、現在シナの最先端ハイテク都市ですね。もちろん。シェンチェンといってもシナ人は誰一人として理解しないでしょうね。北京語ではシェンズンと言った方が伝わる可能性がありますが、難しいと思います。


188680078.jpg


  

以上4つの大都市を事例に申し上げましたが、現在の中学生の教科書には漢字表記がないものですから、カタカナのみを覚えさせるのです。こういう間違った発音表記と言いますか、悪く言えば誤解を生んだり、意味の無いことを教えているんですね。

以前、大学生が中華料理屋でシナ人を見て、この教科書通りの発音をしようとして、全く通じない状況に出くわしました。その大学生は、教科書通りに発音したんだけどねぇといって納得していない顔をしていました。そりゃそうですよ。文科省がデタラメを教えたんですからね。

まとめると、現在の文科省の認定の教科書は劣化している。
しかも、わざと意味のないことをして、ここまで劣化しているということです。
シナ語に対してのカタカナ発音に失敗して、

日本人にも通じない上
シナ人にも通じないのです。

全く意味のないことをしていますね。
無駄な時間を中学生に課しています。やめた方が良いですね。
だったら、シナ地名一番 二番とした方がよっぽど良いでしょうね。

ではどうすればよかったのでしょうか?

答えは簡単ですね。

1000年以上の前に決めた方法に従うことだと思います。
結局、シナ語は音読みで良いのです
漢字と音読みを表記すれば良いのです。当たり前だと思われるかもしれませんがこれが一番大事だと私は思います。

千年以上前の遣隋使、遣唐使の時代から、日本から海を越えて大陸に渡りました。そして、シナ語を勉強した学者や僧侶が悟りました。シナ語と日本語は発音が全く違います。特に日本人に対してシナ語の原音に近い発音表記は不可能であると悟りました。

ですから、先人たちは音読みというものを発明したのですね。漢字に対する発音を日本人として決めたのです。

漢字仮名交じり文の発明が特筆すべき出来事だという学者さんは多いですが、私は音読みの発明も私は日本の歴史上重要な発明だと思っております。

発音は時代や地域によって変わってしまいますので、音読みならあまり変わらない。ですので、シナの地名や人名は音読みで読むのが一番良いですね。どうせ発音しても通じないのですから、潔く、シナ語ができない人は筆談をしましょうね。

では
See you!



中学校の教科書 文科省の失態を暴く 1

以前ふとしたことから、中学生と話になりまして、シナの地名について聞いたことがあります。
その中学生A君から、驚愕の発音を聴きました。それが今回の記事のきっかけです。

中学生A君はシナ語の地名を文科省検定済みの教科書通り、にカタカナ発音で私に表現しようとして、発音しました。しかし、全然できていないのですね。つまり、シナ語と日本語がわかる人にも全く通じない言葉を覚えていたのがわかりました。

つまり、中学校A君は文科省の大失敗を盲従して、更なる大失敗を犯していますね。
ですがそれを改めようとせず、盗人猛々しくく、文科省は強制している!ということについて今日は触れたいと思います。

imgrc0073649286.jpg

71wzH5uKGVL.jpg

シナ語をカタカナ表記する。

それはデメリットしか無い。

と私は思っていますし、本当にシナ語ができる内地の人間は千年以上にもわたってそう思ったということです。

というよりは文科省はどう考えても、キチガイ、であると思います。キチガイというのは精神病のことです。精神病院に入院して、実社会に出ない方が良いということです。文科省は、全く、無意味というか害悪であるとわかっていて、それに時間をかけて、中学生にさせているのです。
867bc2ceb1d79076d683d9974a008876_s.jpg
そもそも昔の教科書もキチガイみたいなことは書いてありましたが・・・。北朝鮮は工業化が進んで楽園ですね。韓国は農業国で貧しいなんていうことがいけしゃあしゃあと書いてありましたね。本当に文科省はキチガイです。

働き方改革の時代に意味のないことを時間をかけて強制しているといって良いでしょう。本当に文科省はブラックなんですね。と思いました。ではどうなっているのか実際に検証していきましょう。ケチをつけるだけではダメです。実証します。

以下はシナの代表的地名ですね。一般的な日本人はシナの地名はこの程度しか知りませんので構わないといえば構わないのですが・・・

北京 ペキン
上海 シャンハイ
南京 ナンキン
香港 ホンコン

ここら辺は日本人にはOKですね。でも、北京に行ってペキンといっても知識階級しか通じない。
ベイジンといってなんとか通じるぐらいだね。シナでホンコンといっても香港であるとわかってくれるのは極々一部の人間だけですね。
これは良しとしましょう。

では詳しく解説をします。
ペキンという発音は広東語にもっとも近いですね。以前触れましたが、シナも日本の江戸時代同様に鎖国をして、広州に出島がありました。広州は広東語の中心地です。ですので、広州の出島でシナ人が話している言葉は広東語ですね。ですから、北京の発音は広東語でパッキンになります。それが、外国人にとってペキンと聞こえたのでしょう。ですから、ペキンという発音が、北京語のベイジンという発音より先に、海外で普及してしまいました。ちなみに、北京大学の英語表記はPeking Univですね。

上海はシャンハイで通じますが、これは、北京語の発音に近いですね。上海語では上海のことをサンへー。と言いますし、広東語ではションホイと言いますね。

南京をナンキンというのは広東語の影響でしょう。
広東語ではナムキンとかラムキンと言いますね。北京語の発音はナンジンと言いますね。上海語ではヌーチンになります。

香港をホンコンというのはそのものズバリ、広東語でホンコンというからですね。でも、香港に対してホンコンというと一発で、日本人ということがわかりますね。広東人が聞くと、私が日本人で発音がよくわかりませんが、香港を近い発音で言いましたという意味ですね。
日本のことをイプンという程度の発音レベルだと私は思います。厳密にいったら、香港をヒョンングコングと行った方が通じると思いますね。
ちなみに香港を北京語でいうとシャンガンですね。上海語でも同様にシャンガンですね。

しかし、ここから驚愕ですね。驚愕のシナ地名に参りたいと思います。
しかも、漢字表記がない無意味なカタカナ語を強制的に覚えさせるの巻きですね。

中学生の仲間内でしか通じない言葉を覚えさせているのと同義ですね。
やばっ!とか、きっしょ!とかタピるなんていうものが試験に出るのと同様ですね。

では問題です。文科省検定済みの教科書に記載されている、シナを地名です。以下の地名がどこにあるか分かりますか?日本人及びシナ人に質問します。

Q1 チューハイ
Q2 コワンチョウ
Q3 チョントゥー
Q4 シェンチェン

これはシナ人でもほとんどの人間が知っているシナでは有名な地名です。
内地で例えるのならば、仙台、札幌や広島レベルの地名です。

回答は次回にご期待ください。

では

See you!



終身雇用、年功序列はそろそろ? 1

終身雇用、年功序列はそろそろ? の1回目です。 

日本企業の「終身雇用」制度が揺らいでいる。日本経済団体連合会の中西宏明会長(日立製作所会長)が「経済界は終身雇用なんてもう守れない」「(終身雇用は)制度疲労を起こしている」、日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が「終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないか」と発言し、波紋を呼んだことは記憶に新しい。

年功序列は終わるのか?終身雇用制は終わるのか?という議論がありますよね。いつも同じ議論ですね。そもそも、終身雇用制です!としてる会社は、大企業の一部であるし、同様に年功序列の会社です!としてそれ相応の処遇が実施できている企業は、ほんの一部の余裕のある会社でありましょう。

中小企業では業績が悪くなれば、リストラは当たり前です。年功序列でも無いし、終身雇用制でも無い方が当たり前ですよね。逆に、中小企業に勤務している人で転職の経験がない方が珍しいですよね。

富士通や銀行の大手企業でのリストラの報道が多くされていますね。
post_28035_1.jpg
中小企業が雇用に手をつけるのは全く記事にもならないのに、この手の記事はカネになるんですね。人間ていうのは、優位にある人間が降り落ちる様を快感としてみる面があるのですね・・・・。さぁ、それはともかく、元の話に戻りましょう。

端的に言って、高年齢の人に、会社にいてもらっても、生産性が上がらないからなんですね。
だから、ある程度の年齢で区切って、45歳以上の早期退職を求めているのですね。景気が落ちる前の利益があるうちにリストラを進めるということでしょうね。首を切られる側としても、45歳程度ならなんとか仕事は見つかるだろう。55歳になったら流石に苦しいでしょうから、ということかもしれませんね。


世の中は、人手不足ですが、実は会社の中では、人は余っているのですね。


oogaki_bank_mega.jpg
全般的な動き

 基本的には今は多少は景気が良い。でも、今後、景気が悪くなるかも知れない。という漠然とした不安がよぎっているのでしょうね。新しいことはドンドン出てきているのだけれど、企業にしろ、個人にしろ、次の一手が打つことが出来なのでしょうね。ですから、次の一手を打つ前提として、企業の立場なり、個人の立場なりで対応策がいろいろ異なりますが、何とかしなきゃということだと思います。

会社としての立場

 上述のように、漠然とした不安がありますね。今は多少は景気が良いから、今からリストラをする体力があるうちに若手中心の企業にするということですね。特に、銀行関連は、地方銀行を中心としてもう既に、儲かるビジネスモデルがない。だから、先手を打って、リストラということでしょうね。

基本の大企業は年功序列の賃金体系でしたから、生産性が年齢とともに低くなるにも関わらず、賃金が高いですね。一方、優秀な若者は生産性が高いにも関わらず、賃金が低いのです。こういう、ギャップを埋めるということで年齢が高い人たちは早期退職を促進し、若者の賃金を上げて、優秀な若者を確保したいという思惑なんでしょうね。

特にIT企業ですと若くて体力もあり、優秀な人材が欲しいのですね。もちろん、既存の大企業もIT部門を充実させて、既存のやり方に固執している、事務員を整理したいという思惑があるのですね。

個人としての立場

リストラされない人材になろうとうことなんですが、リストラされたとしても、転職できる、起業できるための準備が必要ですよね。
別に準備が無くても、本当は精神的に耐えられれば、人手不足ですから何とか生きていくことはできるのですけどね。
都内のコンビニなら、すぐアルバイトはできそうですよね。そのぐらいの人手不足ですよね。

企業は今、若干景気が良いし、人手不足ですから、すぐには早期退職を求めることはしないでしょう。でも、あまり個人としては時間がないのですね。今後、どうなっていくかが非常に不安ですね。一生懸命に仕事はしているのだけど、やはり不安なのですね。
常に継続して、勉強しておくのが重要ですよね。でも、若いうちはあくせく働かされて勉強する暇が無かったのですよね。それに対して、ある日突然、早期退職を言い渡されれるなんて、酷い仕打ちと思うでしょうね。

だから、個人としては、そうならないようにしましょうね。それは大企業に居ようが、中小企業に居ようが、リタイヤしてようが程度の差はあれ、だいたい同じだと思います。

では一体何が大事なんでしょうかね。
EBAMFRKVAAUTm0j.jpg-large.jpeg
お金と時間と健康の余力を作ることだと私は思います。

お金があるうちに、効率化の投資をしましょうね。PCを購入して業務を効率化した方が良いでしょうね。本ブログを読まれる方はPCはお持ちなのでしょうから大丈夫でしょうね。

時間に余裕があるうちに余力を作るのですね。これは、人にやらせる、家族を養って配偶者や子供達に手伝ってもらうとか、会社を経営すると
かということもあるでしょう。また最近はITが発達しているので、機械にやってもらうことですね。RPAなんているのもありますよね。

健康にも余裕があるうちに、健康になる習慣を身につける。運動不足を避けるために、運動をする習慣をつける。そうすると病気をしなくなリますね。一度大きな病気をすると、なかなか負のスパイラルから抜けにくくなりますよね。

余力があるうちに好循環になるようにしたら良いのでしょうね。

ですので、PC関連でもドンドンスキルを上げていく。ブログを書く頻度を上げる。上げるにしても生産性向上が急務なので、PCのリニューアルをしたり、知識を上げて、ドンドンわかりやすいブログをアップすることを勤めたら良いと思いますし、私もそうしていますね。

ですが、若い人に申し上げますけど、ブログを書けば失業が防げるということではありませんね。
自分の頭の中を整理できるということですね。

では

See you!



電子マネー時代 2 QRコードは勝者になれるのか?

PAY PAY の還元率はすごいですよね。 

20%還元しているのですね。

実際使っている人の動画なんて見ているのですが、かなりお得感があるそうですね。というよりはこの手の動画も提灯記事かもしれいないので用心しなくてはいけないのですけどね。私の記事で何かあっても私は責任はとりませんよ。あくまでも個人的感想ですので皆様の取引は自己責任でお願いしますね。

img_flow_app_top_06.png

さて、電子マネー時代 の2回目です。
前回は電子マネーについてICカードについて少し触れましたね。
以前は、現金やクレジットカード決済だけだったものがオレンジカードやテレホンカードと言った磁気カードに変わりましたね。

その後、ICカードが登場してきますね。

代表的な決済方法はクレカ(クレジットカード)とICカードでしたよね。

そこに、今話題のQRコード決済の方式が加わりましたね。クレカの代表例はVISAカードとかSAISONカードとかですね。また、ICカードの代表例はSUICAとかPASMOですね。首都圏はSUICAが圧倒しているような気がしますがね。

このクレカとICカードに殴り込みをかけているのが、最近のQRコード決済ですね。QRコード決済を既に実施している人はわかると思いますが、わからない方のために端的に説明しますと、スマホにバーコードや2次元バーコードが表示され、店頭のスキャナーで読み込むと同時に決済がされるという仕組みですね。
190625_qr_kessai.jpg
10月の消費税のアップを目前にして各社が乱立状態の様相を呈しておりますね。
コンビニエンスストアも色々出してきてまして、ファミペイやセブンペイなんていうのもありますね。
343dbb84-6966-48b9-b394-0866c51a6d8c.jpg
セブンぺいはどうやら、不正アクセスがあって、被害が多く出たそうで、一旦は撤退なんていうことでしたけどね。
セブン側は慌てリリースしたのでしょうか、セキュリティーに弱い仕組みであったことが、不正アクセスを狙う側としては格好のターゲットになってしまったのですね。

2段階認証に問題があったそうなんですけど。2段階認証については長くなりそうなので説明は省略します。詳しいことを知りたい人は暗号について勉強してください。暗号技術については昔から戦争での主役になっておりますので、興味のある方はどうぞ勉強してください。

さて、話を戻しますと現在、内地ではQRコード決済陣営が攻勢をかけていますね。
QPコード陣営の領域で申しますと、シナの方が優位性がありますね。

もともと、シナでは現金が信用できないという土壌でありました。
1000x-1.jpg


また、クレジットカードと言いながらこれまた信用度の低い仕組みだったのですね。シナでの決済手段というのは脆弱で、非常に信用できない状態でした。むしろ、それを解決するために、QRコードという仕組みに目をつけました陣営が、普及を図ったという歴史があります。

シナではすでに2大QR勢力が寡占状態になっておりまして、一つはAlipayですねシナ語では支付宝です。これはアリババグループの陣営ですね。もう一つはWE CHAT PAY、つまり、微信支付というものですね。
5a85b7396cf0bfb44efed30197729e38-825x510.jpg

シナではこの2社のQRコード決済方法が2大勢力となっております。
この2大勢力も初めから決まっていたのではなく、20%引き還元とか、大幅値引きといったキャンペーンを展開して、激烈な競争をして行き着いた先が、2大勢力なのですね。

逆に今では、シナはQRコード決済をしない限り、決済ができない、ということはないのですが、非常に不便ということになっております。
今年も私はシナに行きました。シナのコンビニで私が、現金で支払いをすると、店員から非常に奇異な目で見られますね。まるで、私が野蛮人であるかの如くの目で見られますね。しょうがないなぁ。野蛮人のために現金で取引してやるかという態度ですね。

東京でSuicaが無く、券売機で切符を買いに行く、状況と同じたど思ってくれたらわかりやすいと思います。

そんなこんなで、シナではすでにQRコード決済という行為がディファクトスタンダードになっております。

その現象を目をつけ、内地でのICコード、クレジットカード陣営に殴り込みをかけたのが、もちろん、PAYPAY等のQRコード決済陣営ですね。どうしても、決済市場に殴り込みをかけたい。VisaやMasterCardやSuikaに一泡吹かせたいというより、絶滅させたい気持ちでしょうね。

現在はQRコード決済陣営側の思惑通りになっているかはわかりませんが、ICカード陣営やクレジットカード陣営に対しての強烈な攻勢であることには変わらないでしょう。

ここまでは、私が見た電子マネーの内地での勢力の外観図ですね。

さて、ではここからどうなるかを予想してみましょう。
私のブログは、過去や現在を見て、未来を予想するブログでありたいと思っておりますので未来を予想してみましょう。

ではQRコード決済がシナと同様に決済手段のディファクトスタンダードとなり得るかですね。
QRコード陣営は大型のキャンペーンを売っていますが、決定に優位点がないと私は思います。私はQR陣営側はディファクトは取れないと思います。

シナでQRコード決済がディファクトと取れたという決定的な要因は私は、人民元の偽札問題と個人情報の管理だと思っています。
偽札問題は先ほども触れましたが、個人情報の管理というのは少々難しいのですが、結局、決済を握りたい勢力というのは民間企業もそうなんですが、課税当局つまり、内地でいうと国税に代表される政府なのですね。政府の後押しがあるのですね。
個人情報を管理したいという思惑はシナの政府にはありますね。だから急速に普及したのです。

では翻ってみて内地はどうでしょうか?

QR決済の強みと思われる偽札問題はありませんね。
もう一つ政府の後押しがあるかということですが、それはあまりないと思った方が良いのでしょうか。マイナンバー制度で国税は対応しようとしてますので、民間企業からの密告なんていいうものは期待していないでしょうね。

消費税の10%導入がらみでは後押しは一部ありますが、決定的ではないでしょうね。後押しがあるのならば、セブンペイも政府は助けるはずですが、完全に見殺しにしましたね。

ですので、シナと同じ局面かと言われるとそうではないですね。これだけではQRコード決済は私は普及しないと思います。

しかし、一つ微妙な兆候があります。

内地の普及のカギは人手不足ということですね。現金をジャラジャ取り出して、決済する。または店員がお釣りを手渡す。
内地には現金が偽札であるというリスクは殆どないのですが、現金が普及しすぎで、現金の管理もコスト増を招くという皮肉な状況になっていますね。当然、ミスの可能性も排除できないというわけで、現金で決済するということは店側にとっても、消費者にとっても、煩わしさとミスの可能性が含まれていますね。都内ではコンビニの店員さんが殆ど日本人ではない地域も結構見かけるようになりましたね。



だから、都内ではQRコード決済が普及すれば、いくら言葉や道理が通じない店員が現金をレジから奪おうとしようとも、大した金額にはならないのでリスクは非常に下げられるというニーズはあると思いますね。そう思っていてもコンビニ側は言わないと思いますが・・・・。


ではQRがディファクトを握れるかどうかということに関しては私の見解を申し上げます。
難しいでしょうね。

QRコード決済が優位な地域は非法治国家ですね。
内地はあくまでも法治国家ですから、必要ないというのが私の見解です。

わざわざ、スマホの画面を見せて、バーコードで決済することで利便性が上がるとはとても思えませんね。ICカードで事足りますね。どうしても携帯で決済したいのならばお財布ケータイの決済機能がありますので、それで事足りると思います。

どこまで、PAYPAY等のQRコード決済陣営が大幅キャンペーンをやるかにかかっておりますが、多分、ICカードやクレジットカード陣営の牙城を崩すのは難しいと思います。今の20%還元があまり効果がないのでしょうね。立て続けに20%還元のキャンペーンをやっているのが兆候だと私は思っております。

QRコード決済はFREETELのようになる可能性もあるとみております。

やはり、法治国家と非法治国家では決済の際の安全性と利便性の関係が全く違うということですね。また、政府の関与の動機も全く異なると思っております。

とはいえQRコード陣営も今後、30%還元、40%還元の資金力が続くのならば、分かりませんが、フリーライダーが増えるだけで、大勢に変化はないと言えるでしょう。

これがシナでQRコード決済の普及を見ていた私の見解です。もちろん、私の個人的見解であって、これを元に行動して損害があったとしても、私には全く責任はありません。何をするのにもあなたたちの自己責任でお願いしますね。

では

See you!






Amazonプライムデイ から不動産投資の報道を耳にして

Amazonの不動産投資が報じられましたね。
unnamed.png
最近はAmazonの記事が多くて申し訳ありませんね。

とにかく、Amazonが不動産事業へ打って出るということが7月25日ごろに報じられましたね。
不動産事業へ打って出るということで、彼らなりの戦略があるのでしょうね。

index-img10.jpg
もともと、普通の内地の人には本屋のイメージしかない人もいるでしょう。
でもAmazonは本屋だけでなく、衣服、家具、電化製品などありとあらゆるものを販売しているのですね。特に最近有名なのはクラウドですね。クラウドビジネスの先を見越して、一大投資を行いクラウドの中のシェアもNo.1ですね。度々取り上げていますが、GAFAの一員なんですよ。

で、今回はなんでAmazonの不動産投資の記事など書いたのでしょうか。
それは、先日私もAmazonのプライムデーの広告に乗せられて、1万円程度のモニターを買ってしまいましたと申し上げました。
プライムデーは7月15日頃だったと思います。
スクリーンショット 2019-07-15 9.42.44.png
そのあと、2万円程度のデスクがオススメとしてAmazonのAI君より連絡が来ましたということは申し上げました。
そこで私がリアクションしたのは、ここまで行くとAmazonのAI君は大きな部屋をオススメにくるのではないか?と私は直感的に思いました。

そこで私はAmazonのAI君に乗せられてホイホイ物を買う人間だと私は思われてしまったと書きましたね。
ですけど、AmazonのAI君の狙いは実際そうでしたね。
61OfEMDl40L._SL1280_.jpg
以下はAmazonが描いているだろうストーリーを私が推測して書きました。フィクションですよ。

私がプライムデーでモニターを買う
 ↓
AmazonのAIが私を典型的な情報弱者、つまり、馬鹿とみなす←ここが大事ですね
 ↓
大きなモニターであり、手狭なのでデスクを買うようにメッセージを送る
 ↓
情弱な私は釣られてデスクも買ってしまう
 ↓
AmazonのAIは少々大きめなデスクを買うと、手狭なので、大きな部屋に引っ越ししたくない?と私にメッセージを送る。
 ↓
情弱な私は釣られて不動産をAmazon経由で購入してしまう
 ↓
Amazonの不動産ビジネスが儲かる

というストーリーをすでに描いていたと私は推測しました。

私はその時は、怪しいなとは思いましたが、ここまでは気が付きませんでした。不動産ビジネスに参入ということでピンときました。
だから、デスクをすすめたのでしょうね。
結局、Amazonが私にデスクをすすめた理由は、情弱はAmazonのこれからのビジネスである不動産を買え!Amazonの糧秣となれ!と言っている動機からくると思います。もちろん、個人的感想ですよ。

でも、もっと儲けるのならば、借金をさせて購入させることですねつまり、金貸しも今後やるのでは?とも思いました。

Amazonも色々尻尾が見えて、それをたどってみると面白いですね。


では
See you!