2019香港 3

国際的な観光地で知られる香港の国際空港で欠航が相次いでいます。 原因はなんだ!とききたがる人がいるでしょうけれど、原因や理由は立場によって異なります。 色々あるでしょうが代表的な者として、大きくは以下があるでしょうか。一つは、香港国際空港側が示威運動が空港で座り込みを始めたので、業務に支障をきたしていますね。機体の離発着を止める。と言うことでしょう。でも、それは示威運動側としては、立場が異なります。示威運動をすると催涙弾、ゴム弾の攻撃を香港警察らしきものから受けるので、外国人の多い空港で抗議活動を行い、全世界に、香港政庁のシナへ犯罪者引き渡し政策への反対をPRすると言う目的がありますね。示威運動側の目的は空港の機能を止めることではない。 香港政庁側としてはどうでしょうか。香港政庁側としては香港人の示威運動そのものを認めないのです。ですから、示威運動によって、混乱させた報復として空港の機能そのものを停止して、示威運動の効果を無くすと言う狙いがあるものと思われます。香港政庁から香港国際空港側へ指示があったかどうかはわかりません。 いずれにしろ、一義的には香港国際空港がサービスを停止したと言えるでしょう。示威運動側の目的と空港機能がストップすると言う目的が異なりますね。 ですので、表面上は何かが混乱して、空港機能がストップしたと言うことにしか見えませんね。 では何がどう言う問題かと言うことを整理する必要がありますね。 デモ、でも長くなりそうなので今回はこのくらいにしますね。 …

続きを読む