SIMフリー端末はあなたを救う 3

EBAMFRKVAAUTm0j.jpg-large.jpeg
SIMフリー端末はあなたを救うの第3回目です。
先回はSIMフリー端末を入手して携帯電話料金を格安にするまでに大きな壁があると申し上げました。

1.SIMフリー端末とSIMカードの仕組みの理解
2.自分で設定しなくてはいけないということ
3.有利なプランを聞き出して、比較しないといけない
4.SIMフリー端末の選定 どれも聞いたことがないメーカーばかりでどうしたら良いかわからない。

1.SIMフリー端末とSIMカードの仕組みの理解
キャリアの携帯端末というのは、いわゆる通信キャリアが通信回線を使用することとと端末を込みで売っているサービスですね。
本来ならば、携帯電話用の電波というのは目には見えませんが、携帯電話の基地局から電波が届く範囲なら誰でも受信できるはずなんですね。しかし、N社と契約したのならば、N社が売っている携帯端末を通じて、でしか、N社の電波を受信できない仕組みになっています。それは端末側に仕掛けがあります。端末にはどういう仕掛けがあるかというと、そのN社が設定した携帯端末とN社が発行したSIMカードというのを照合して初めてN社の電波を受信できるような仕掛けがあります。
article_fig_2.png
というように携帯端末とSIMカードによって、音声通話やデータ通信が会社を限定されてしまうことになっているのです。
しかし、携帯端末は本来キャリアのために作っているわけではないので、本当はどんな機種でもどこの携帯キャリアにつながることができるのです。それを理解しましょう。

ですので、別に3大携帯キャリアと契約する必要はないのですよと理解することが大事です。しかし、その為には、人に頼むのではなく、自力でSIMフリー端末を購入する必要があり、自力でSIMカードを購入する必要があるのです。駅前やショッピングモールなどの携帯電話の販売店ではほとんどSIMフリーの端末とSIMカードを売っていません。ですから、自力でどこで販売しているか探さなければいけないのです。

ではどうした良いかですが、ネットを見て、SIMフリー端末を決めましょう。内地の人はiPhoneが人気ですね。ちなみに私はAndroidのSIMフリー端末を使用していますが、iPhoneを例にとってみましょうか。iPhoneのSIMフリー端末を購入します。
Apple.jpeg
通常の携帯キャリアの店には行ってはいけません。色々方法があるのですが、代表例として、ネットで調べて、iPhoneのSIMフリー端末が売っている販売店へいきましょう。https://www.apple.com/jp/retail/storelist/を見て、自分の近いアップルの直営店で直接購入してみましょう。その際、SIMフリー端末であることを確認してから買いましょうね。

もちろんアップルのネットで直接購入することも可能です。最近はiPhone11が発売されているので、高いですがそれを購入するのも一つの手でしょう。ちなみに、私は買いませんが・・・。理由は別の時に話しましょうか。

190911iphone5_R.jpg

そうして手に入れたSIMフリー端末ではまだ音声通話はできません。もちろん、自宅に無線LAN環境がある方やモバイルータをお持ちのかたはデータ通信は可能ですが、音声通話はできません。どこかの、格安SIM携帯キャリアと契約する必要があるのです。

これまた、多くの格安SIM携帯キャリアがあります。

st_mvnoclumn-02.jpg

こんなにたくさん格安SIMフリーカードを売っている事業者あったんですよ。

知らなかったでしょう。知っている方は素晴らしいですけどね。

では
長くなりましたので、今回はこの辺で

See you!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント