METAL GALAXY REVIEW 5 #BABYMETAL 〜ギッチギチのギター音の陰には〜

IMG_20191012_162022.jpg

METAL GALAXY REVIEW の5回目です。

なかなか、ディスク1が終わりませんね。
前回の1−6の続きです。
Brand New Day (feat. Tim Henson and Scott LePage)です。

話が長くなりましたが、よく考えてみれば、私、この曲は結構、繰り返し聴いています。非常に面白い曲です。ギターも良好です。が、何かもやもやと引っかかるものがありました。モヤモヤには訳がありました。結局はMETALというのはギターなんですね。エレキギターをギッチギチに響かせないといけないのですね。今回はこれについて書きます。
私は通常はあまりというか殆どMETALを聞きませんから、申し上げることは少なかったのですけど、結局は鯔(とど)のつまり、METALとはギターの金属音なんですね。でも、METALでは、ギターの金属音を聞き来るお客さんというのはある意味他の音楽ジャンルと比べれば多いと思われますが、一部分に限られるんでしょうね。音楽にあまり詳しく無い人といいますか、圧倒的な数の普通のお客さんはボーカルを聴きにコンサート会場に来ると思われます。
私はロックとブルースの世界くらいしかわかりませんが、お客さんは、WHOのピート・タウンゼントやレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のジミー・ペイジを聴きにもきますけれど、結局ギタリストとして名前を残しているギタリストは観客はボーカルを聴きに来るということはわかっているのですよね。


img_2242-1024x693.jpg

それに気がついているギタリストはリードギターでもあるのに、リードボーカル、つまり、歌いますよね。もちろん歌わないギタリストも沢山いますけどね。たとえば、BBキング、エリック・クラプトン、ジミ・ヘンドリックス。あまり上手くは無いというと失礼ですけれど情熱的なボーカルですよね。
JimiHendrixGettyImages-84894709-720x457.jpg

ですので、Brand New Day を聴いて、彼女らBABYMETALの大阪城ホールでの初期のラストコンサートを思い出したんですね。

あの頃は、SU-METALさんの歌を思い出してみましたが、やはりとんでもない、倍音を使いますよね。
以前も書きましたが、倍音を使うのですよね。音源からも理論上もわかっていますが、実際、すごく通る声ですよね。

彼女としてはバッキングとりわけ、ギターの歪んだ音、つまり、ギターのディストーションにかき消されない様に,
倍音を使うのですがこれが凄まじく通る声なんですよね。SUさんのアリーナ全体への声の広がり方、スタジオで録音されたものをいくら聴いてもわからないのですね。これはコンサートに行かないと絶対にわからないことですね。


EGmg-u0WkAEcGHJ.jpg-large.jpeg
でも、よく考えてみてくださいね。SUさんが頑張れば頑張るほどギターが負けるということなんですね。

普通はMETALの主役はギターなんですよ

でも、BABYMATALはSUさんのおかげで、ボーカルがどっかーんとアリーナ中に響き渡りますからね。


そうすると、本来METALの主役であるギターが負けてしまうのですね。

SUさんの歌声にかき消されしまいますね。

でも、そうは問屋がおろさないのが、神バンドだったんですね。ということを思い出しました。
とりわけ、藤岡さんの倍音を駆使したハーモニクスサウンドが所々、ギターの存在感を高めていって、METALらしさを損なわずに全体的な調和を保っていたんですね。

すごく肝心なことを書くことを忘れていました。特にギミチョコとシンコペーションではその印象が強かったんですよ。
ということをこの曲を聴いて思い出しましたね。

なんで、このアイバニーズのギターを使うこれら2名のギタリストは、こんなにも、ギチギチとギターを弾くのだろうと思いました。

かなり以前、RORを初めて聴いた時も、うるさいなぁ。このバックでギチギチのやらかしているギターは!と思いましたね。
ドラホ(Dragon Force)の二人だと気がつくのは後になってからでしたがね。

160712_babymetal00-w1280.jpg

結局、スタジオ録音でもSUさんのボーカルに負けてしまうので、結局、METALの人たちの固定観念としては反射的にギターの歪みをあげるか倍音を使って、意識してか、無意識かわかりませんが、SUさんのボーカルにかき消されない様にするんですね。

ということなんですね。
ごちゃごちゃ書いてすみません

まとめますね。
METALで重要な楽器はギターでありますし、ギターの金属音が重要です。
ロックやブルースでも同様の傾向があります。ギターから入っていってそのジャンルのファンになる人が多いと思います。

しかし、多くのファンを獲得するに従って、ボーカルという要素も重要になってきました。実際、音楽といえば歌であると理解する大衆がほとんどであります。

ボーカルやダンスがメインのBABYMETALでは、立場上ギターが目立たなくなってしまいます。しかし、BABYMETALにゲストで呼ばれたギタリストは目立たなくてはいけませんので、SU-METALに負けない様なエッジの効いたギッチギチなギター音を多用して、存在感を示そうとしていますし、せざるを得ないのではというのが本日の論点ですね。

ということで、この曲で今回は1回分を使ってしまいました。

まだまだ続きますが、全然進んで無いですね。でも、METALを理解する上で大事なことだと思いましたので頑張って書きました。

では

See you!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント