#新型肺炎 のインパクト 2003年 #SARS の記憶から

2003年に猛威を奮ったのがSARSです。SARSとは、コロナウイルスに感染することで発症する「重症急性呼吸器症候群(SARS: severe acute respiratory syndrome)」のことを指します。コロナウィルスとインフルエンザウィルスとは結構違うそうですね。詳しくはわかりませんが、皆さんで調べてください。 かつて、2003年3月頃から - シナ で新型肺炎SARSが大流行、死者700人超。最初は広東省で流行っていて、なんか得体の知れない病気が流行っているぞ、おかしいな?ということだったんです。そして、北京政府も適当に無視していたのですが、ついに北京でも流行しまして、フィンランドのお役人さんがシナで死亡しまして、北京政府も国際的には隠せなくなりまして、それから、大騒ぎになったんですね。当時は怪しい村は全部生き埋めなんていうデマもありましたね。私の記憶です。 そして、2020年の現在は別の?コロナウィルスの新型肺炎が流行し始めていますね。シナの武漢で流行が確認され、シナの国内各地や日本(患者はシナ人)でも確認されていますね。 だいぶシナでは当時と比べて衛生状態は良くなったとは言えますが、やはり、シナは人口が多く、人の流動が当時より増えております。今は人から人への感染は微妙ですが、いずれ、このコロナウィルスが、人から人への感染が確実にできるようになった場合には大変なことになるでしょうね。 SARSは飛沫感染もしたので、マスクが非常に入手困難になりましたね。パンデミックに…

続きを読む