#2ndSARS 日本全国蔓延の兆し 6 お尻に火がつかないと #新型コロナウィルス

先回は非常にゾッとすることを書きましたけど、私なりに考えたことからの仮説ですので、ご意見がありましたらよろしくお願いいたします。さて、今回はではどうするのかということですが、シナの強硬策が目立ちますよね。都市を全部丸ごと封鎖するという荒療治をしていますよね。 ですが、それと比べて日本政府の対応が遅いだということを言う方もいらっしゃいますね。ですけど、自由選挙で選ばれていない国のことと簡単に比べても仕方がないとは思いますね。 ある程度強硬なことができる国とできない国の違いがありますよね。 個人の権利が制限できる国とできない国ではできることは違いますよね。 未然防止としての動きというのはある程度分かりますが、あまり未然防止をしすぎるとやっぱりやりすぎだったねという批判をされてしまいますね。起こらなかったことのありがたみはわからないのですね。これは昨年夏の八ッ場ダムの時もそうでしたね。洪水が起こらなかったことのありがたみは誰もわからないですけれど、洪水が起きて家が流されてしまったら全てを失ってしまうのですね。 まずは、多少の犠牲が出ていないと、多くの人を説得できないんですね。 武漢の状況は分かってはいるのですが、交通機関を止めるにしても、これだけ、死者が出ているのだからということでないと説得できないんですね。これが、自由選挙がある国の難しさなんですね。 おかしいことはたくさんありますけどね。 マスクの品薄もそうですよね。 マスクの需要があれば高く売れば良いのですが、高く売らない…

続きを読む