2nd SARS後の世界 8-1 瀕死の旅行業界・航空業界に活路はあるのか?

20200705_222020.jpeg

旅行業界は非常に厳しいですね。
航空業界、旅行代理店、ホテル・旅館関係者の皆さんには非常に厳しい逆風が吹いていますね。

折角、東京五輪が開催される予定でもありましたし、ここ2〜3年は訪日外国人の需要も見越して、好調だっただけにさぞかし落胆もすごいでしょうね。

でも、新しい事をやればそれがブルーオーシャンへの道になり、圧倒的に有利な状況でビジネスが展開できるようになるでしょうね。
このシリーズでも、フィットネスクラブといった逆境にめげずに色々新しいビジネスに乗り出している業界も紹介しましたね。

スポーツや運動の世界も逆風が吹いていますが、潜在的な需要を掘り起こして、新たなブルーオーシャンを見つけて欲しいものですね。

ですから、ぜひこういった業界も新しいビジネスに踏み出して欲しいのですね。

旅行業界もこのままでは厳しいということで色々生き残りの策を巡らしていますね。

HISさんはオンライン旅行という企画をしていますね。


行った気になるニューノーマル特別企画ということですね。


私もまた体験していませんが、こういう新しい企画を応援したいですね。頑張って欲しいですね。

でも、そもそも旅なんて色々なことの集合体なんですよね。
ですから、旅行代理店さんは今までのノウハウを細々としたことを分割して紹介すれば私は良いと思っているんですよね。

旅行って、すごくノウハウの塊なんですからね。

大体、旅慣れた人っているのはとりわけ海外ですけど何が違うのかですよね。

まず、国家、国境、通貨、租税、安全・・・たくさんありますが、普段、日本に住んでいたら全然意識しないことをすごく体感でわかっているんですね。

実は旅というのは良い景色を見たいとか、古い建造物を見たいというようなことがあるんですけど。
私は良い景色なんているのはほんの一部であると思っていますね。

国家、国境、通貨ということから・・・人々の風俗 仕草と言った、日常では気がつかないことを改めて認識することが重要だと思っていますね。

ですから、そういうのは中々体験できないのですが、旅慣れている人はスルッとくぐりにぬけてしまいます。

まず、通貨が違うということも説明したらどうでしょうかね。

本当に初歩の初歩で良いでしょう。だって、海外には行ったことのない人たちですから、また、今後も海外に行く機会は非常に珍しいのですからね。

通貨についても深く説明していくときっと良い旅のノウハウが生まれると思います。単一の通貨圏にいるときっと生まれない発想が生まれることでしょうね。



では

See you!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント