デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか? 3 教育 〜大学だけがオンライン〜

デフォルトで疫病が蔓延しない社会になるのでしょうか?の3回目です。 大学でオンライン授業が続くということが教育では一つの焦点になっていると思っています。 実際、心に不安を抱えている大学生も多くいるとのことですね。 有名大学は首都圏に集中してますね。元々高校まで首都圏に住んでいれば、旧来の友人や知人がいると思いますのでそう言った仲間との情報交換ができると思います。しかし、そうでない地方出身の学生は首都圏に親戚でもいなければ情報交換等の条件では非常に厳しいでしょうね。 地方から首都圏に一人暮らしを始めてみて、4月からの緊急事態宣言ですからね。当然、入学式もありませんね。入試や入学手続き依頼、一度も大学に足を運ばずに前期は終始オンライン授業が続いたケースもあると思います。 昔から、地方からの学生は心に不安を抱えながら、入学金を払い、不動産屋を見つけ、新生活の家財道具を揃えたのに、東京の生活やリズムについて行かれずに引き籠もってしまう学生もいたでしょうけど。 今回の2nd SARSが引き起こした現象は、否応無しに家に引き籠もらなければならなかったのです。 折角の花の大学生生活も大変でしょうね。特に1年生は大変だったでしょう。 ですので、大学側としても2nd SARSが終わったら元に戻そうというところもあるようですね。でも多くの大学は秋学期以降も一部が対面授業になる以外はほとんどがオンラインになるということらしいですね。 大学だけがなぜオンラインで小中高が対面が可能かということで悩んで…

続きを読む