暗号資産の正体は? 5

EwrhR0xVcAIE7Y8.jpg
このシリーズでは暗号資産及びビットコインの財務上のアドバイスではないことをご了承ください。

暗号資産の正体は?の5回目です。

長々と簡単にですが、暗号資産の説明をしてきました。ですが、こういった内容は本を購入すればわかるはずなんですね。でも、なんだか分からないし、色々事件があって、暗号だかプログラムだか、得体の知れないものですね。
51maAtPaxnL._AC_.jpg
ということなんですけど。謎が多いですね。さらに危なっかしいですね。
でも、ビットコインの大きな特徴は、実際盗難できなかったのですね。これが実証されつつあるんですね。エジプトのピラミッドなんでほとんど盗掘されているんですけど、ビットコインはできていないんですよ。

マネーロンダリング等悪用されるのに使われているなんていうことも言われるのですけど、実は悪用が簡単にはできないんですね。
もともと誰も信用してない中での裏切れないシステムですから、関ヶ原の戦いで裏切れないシステムですね。誰が何をしたかは調べようと思えばできてしまうのですね。ですから、やはり足がつく、ビットコインを使った犯罪集団というのが、着実に捕まりだしているのですね。


ということはこれは何か使えるのではと考えるのですね。世の中には頭の良い人が沢山いますね。

勝手に動いて、盗難に強い。これは、銀行といった金融機関みたいなものにも使えるんじゃないかということを考える人が出てくるんですね。

一例を挙げましょう。私自身も、海外にいましたから、送金というのは本当に面倒臭いですね。しかもすごく危なっかしい。海外で口座を開設しなくてはいけないし、その銀行も信用ができないし、べらぼうな手数料を払って、おまけにレートも悪いんですね。

送金手数料、為替手数料・・・スプレッドとも言いますね。下手すれば税金なんてかかってきますね。とんでもない時間ととんでもない金額を取られるんですよ。貧乏旅行ならいざ知らず、海外で仕事をしようと思ったらそれなりの金額を持っていかなくてはいけませんね。現金なら良いのですけど、すっごく危ないですね。ですが、送金はとんでもないことになりますよね。
こういうのにはビットコインは最も適していますね。例えば私が日本からアメリカに行ったとしましょうね。車を買わなくてはいけないんですけど、中古車だって色々諸経費があってもそりゃ100万円ぐらい必要でしょ。1ドル百円としたら、1万ドルですよね。

でも、100ドル札を持っていっても100枚ですねよ。危ないですよね。ピストルを突きつけられて取られる可能性もありますよね。

ビクビクしながら過ごすしかないですよね。

ですが、ビットコインなんかでスマホさえあれば100万円分が日本だろうが、アメリカだろうが、現金つまり法定通貨のドルには変えることができるでしょう。禁止している国は厄介ですけどね。

日本ではまだビットコインで車が買えるかどうかはわかりませんが、調べてみたらあるんですね。

安全性は問いませんが、URLは以下です。自己責任でお願いしますね。


家電についてもビックカメラなんていうのもビットコインで買えるようになっているようなんですね。もちろん自己責任でお願いしますね。


いずれにしろ、新しい土地へ行ってみて現金がなくても、銀行口座がなくても、ATMがなくても、ビットコインがあれば大きな買い物ができるようになってきつつあるんですね。ちなみに小口は電子マネーで良いでしょう。

利便性にはもってこいなんですね。銀行に縛られるから、振り込み手数料やATMの時間に縛られるのですね。ビットコインは365日24時間動いているのですね。10分ぐらいの決済に時間がかかりますが、システムは壊れたことがありませんね。

3連休とか4連休で海外旅行をして、通貨で困ることもない世の中になるかもしれないんですね。現地通貨を持っていかずに大変だったことを考えればこれは素晴らしい未来が待っているなんて考えるのでしょうね。

これは要するに信用できない相手に対して信用せざるを得なくなるという前回説明した原理から来るものなんですね。銀行の海外送金はなんであんなに面倒臭いのだろうということですけど、結局は相手を信用していないから色々手数料が取られるのですね。

ビットコイン自体は信用していようと信用していまいと騙せない、つまり本物であることがわかりますので、そういった信用できないために払っていたコストが理論上はほとんどゼロになるんですね。

ですから、これはすごいことなんですね。多くの銀行というのが今頭を抱えているはずなんですね。日本人が全員ビットコインを使うようになったとしたら、銀行はいらないんですね。そして、みんなが得をするのですね。決済が10分かかるのはちょっと難点ですけど・・・。

いずれにしろ、ビットコインの登場によって、銀行は非常に困るんですね。銀行以外にも困ることはありますね。ビットコインに代表される暗号資産はどうやら本物だということがわかってきたので、これは契約にも使えるということがだんだんわかってきました。こちらはビットコインではなくてイーサリアムという暗号資産をベースのシステムなんですけど。借金だ、両替だ、預けて金利だということができるようになってきました。これが、本物であり、容易に騙せないということもわかってきました。金融関連の業務というのはルールを守る従来のしっかりした銀行しかできなかったハズなんですがこれ暗号資産の世界の中で非常に簡単に代替されそうになってきているのですね。

いざそういう世の中になってしまった時、法定通貨である、日本円や米ドルよりも暗号資産の方が便利になるよね。だから、先回りして買っておこうということになりまして、2017年のブームに引き続きまして、2020年末から再度ブームになっていると私は思うのです。

とりあえず、続きます。

では

See you!












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント