香港の評論家、日本移住へ=書店関係者失踪で安全危惧

画像
軍事専門誌「漢和防務評論」を発行する香港在住の著名軍事評論家、平可夫氏は29日、香港では自らの身の安全を確保できなくなったとして、5月に日本へ移住することを明らかにした。

 編集拠点も合わせて東京に移し、雑誌の出版は続ける姿勢を示している。

 平氏は中国南部・雲南省出身で、現在はカナダ国籍。香港のパスポート(旅券)も保有していたが、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱う銅鑼湾書店関係者の失踪事件を受け、今年1月に旅券を返納したという。事件では中国当局による関係者拉致の可能性が取り沙汰された。 


香港は逮捕状が無くても拘束されるようになってきた。
香港人にとって日本が一番安全ということなのだろう。

香港での自由な活動ができなければ
香港経済の活力も失われてしまう。

文化の自由度と経済の活力は表裏一体だ。
そんなことはわかっているのにそうせざえるを得ない程、
メインランドの経済状態は厳しく、且つ政権基盤は逼迫している。

香港のゲートウェイ機能が失われれば
同時に深セン広州といった珠江デルタ地帯の活力も失われる。

とすればC国経済を支えるのは上海に代表される長江デルタ地帯のみとなる。

他はすでに申し上げたとおり、経済恐慌の状態だ。


本年の旧正月の私の胸騒ぎが現実味を帯びてきた。


"香港の評論家、日本移住へ=書店関係者失踪で安全危惧" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント