2020年 新年明けましておめでとうございます 1 カルロス・ゴーン逃走・密航!

EMMRKfjU0AAfUhJ.jpeg

新年明けましておめでとうございます。
2020年ですね。令和2年です。

今年は皆様にとっても良い年であります様に。

では今年の第一回目を始めさせていただきます。
Naomi_Osaka_2017_Wimbledon.jpeg
写真は大坂なおみさんです。東京オリンピックの金メダルを期待しています。
日産がスポンサーですが大坂なおみさんには期待しております。

昨年は色々ありましたが、新時代の幕開けに相応しく、かつてのやり方が通用しないということがわかってくる年でもありました。

今年はではどういう状況になって、どうしたら良いかということを申し上げたいと思います。

1・世界情勢

米国は大統領選挙ですね。米国のトランプ政権にとっては特に大きな動きはないでしょう。
メディアがあれだけ、ダメだダメだと行ったトランプ政権ですが、ところがどっこい、米国の好景気を演出しておりますね。

詳しくはわかりませんが、有力な対抗馬が出てこない限りはトランプ大統領の再選と考えるのが順当だと思います。

欧州は英国のEU離脱に伴い、様々な困難が待ち受けると思います。現状を把握していないのが欧州病であるし、英国病でしたが、英国病は英国自身が治すということを自らの意思で昨年末に総選挙で示したものですね。

欧州でも欧州病は欧州自身が治すという気構えを持つ人が増えれば立ち直ると思いますが、そうは見えませんね。
できれば自分自身で考えたくない、行動を起こしたくないという状況がある程度長く続くでしょう。

2・日本情勢

日本はオリンピック一色になるでしょう。ですから、難しい案件の多くは、置いてけぼりになると思えます。
年末のカルロス・ゴーン被告の逃亡がありましたね。
カルロス・ゴーンは保釈期間中に不正な手段で国外へ逃走しましたね。

なぜが日本が正義を行っていないかの様なコメントが世界を駆け巡っていますね。
そういう、プロパガンダに対して毅然と対応することが今後日本には求められると思います。当然、東京オリンピックで注目されるのですから、カルロス・ゴーン事件に対しても毅然と対応することが必要であろうと考えますね。
https---s3-ap-northeast-1.amazonaws.com-psh-ex-ftnikkei-3937bb4-images-9-5-0-3-24213059-3-eng-GB-Cropped-1577755369ghosn detention.jpeg

国際社会がなんと言おうと日本には日本の立場があるのだということが必要だったのでしょうし、これからも必要になるでしょうね。

3・新時代の経済について
  新時代を迎えていますねと昨年末から申し上げておりますが、新時代への分析及び対処方法については今後述べさせて頂きましょう。
  この元旦にただ一つ言えるのはこのカルロス・ゴーンの様な裏切り者は許さない!という強い決意が必要でしょうね。


では

See you!




"2020年 新年明けましておめでとうございます 1 カルロス・ゴーン逃走・密航!" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。