硬貨の出番が減りました 節税より人件費

最近は硬貨の出番がめっきり減りましたね。 なんとかPAYですとかクレジットカード会社やICカード業界がどんどんキャンペーンを行なっているおかげで、とんと、硬貨だけでなく、紙幣も使わなくなってしまいました。だんだんと、世の中のATMが少なくなっているのも頷けます。 だんだんと、硬貨や紙幣が電子マネーに置き換わってきていますね。 昔は、クレジットカードを出すと、店側も、現金の方が、キャッシュフローが回るというのもありましょうし、クレジット会社からの手数料に不満があるため、現金での支払いをお願いされたことがありました。 これも最近はとんとそう言った光景が目に入らなくなりましたね。私自身も店で電子マネーやクレジットカードを使いますが、嫌な顔をされたことはありません。 というより、並んでいるコンビニエンスストアで細かい硬貨を数えている人の方が顰蹙に映りますね。 人手不足ですので、結局、硬貨の管理とか帳簿の整理とかは難しい。多少税務署にバレても良いので、小細工せずに、正確な値を出した方が、結局は儲かるのでしょうね。あまり小細工に走って、キャッシュフローは良くなっても、結局、小銭を両替するために大量の人を裁かなければいけないでしょうし、また、お釣りを用意するために、銀行に言って、硬貨を準備しなければなりませんね。 また、小銭ですと、釣銭を間違えるかもしれませんね。すごいストレスでしょ。ですから、こんな時代に、現金を尊重する、店側のオーナーなんていたら、若い人はどんどん辞めてしまうで…

続きを読む

誰が敵だかわかったか 2

パナマ文書の出処の法律事務所の看板だ。 アルファベットの下にに何の文字が書いてあるか解るだろう。 クライアントの三割以上はシナ人だという。 それなのに、見え透いたように、 敢えて、日本の政治家や日本企業を落としめようとしている奴らがいる。 マスコミも敢えてこの写真を使わない。 誰が敵かわかったか。 香港もC国も、更には、シナ人に買収された連中も忙しいだろう。 キャメロンもハメられたのか。グルなのか。 AIIBなんかに賛同する様では仲間ではない。 誰が敵だかわかったか。 See you !

続きを読む

April impact Babymetal and Panama papers in 2016

2016年 4月1日 BABYMETALの2ndアルバム発売インパクト 4月2日 ウェンブリーアリーナ公演 4月3日 タックスヘイブン パナマ文書一部公開 4月4日 世界各国での首脳の辞任要求デモ発生 4月に入り2016年世界を震撼させる出来事が目白押しだ。 私が部ログを再開させたのも、香港の旧正月(2月8日)の旺角騒擾に 触発されたからだ。良いとも悪いとも言っていない。 ただし、何かがおかしいと思っている。その胸騒ぎがこれだ。 特にこのパナマ文書だ。(よってBABYMATALはお休みです) 何がそうさせたのかを振り返る必要がある。 現時点で起こっていることだけしか見ることが できないのはレベルの低い証拠だ。 部ログのコンセプトに基づき 香港、C国が見えると日本が見える、自分が見えるという ことで議論を進めたい。 さて、2015年から香港、C国の動向を中心に振り返ってみよう。 キーワードは以下に着目する。 1.集金ペイの粛清および権力掌握 2.アジアインフラ投資銀行(以下AIIB)および英国の動き 3.中国人民抗日戦争世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典 4.チャイナショックと呼ばれるC国の株価操作および暴落に   よる世界同時株安 そして、フィニィシュとしてパナマ文書の公開である。 2015年初    集金ペイによる腐敗粛清は苛烈さを極め、政敵の粛清のみならず   政敵の資金源である企業へ幹部の逮…

続きを読む