持続可能性では何を言っているのかは全くわからない 1

ピコ太郎さんが外務省に協力して国連でPRした持続可能性について ここ数年来時々聞く言葉です。 とはいえ、サスティナルブですとか持続可能性と言われても全くわかりません。 そうですね。ここでは言葉だけで考えますよ。持続可能性のあると言われてもピンと来ませんね。考えた人があまり考えてないからこういうとんでも和製漢語を生み出しますね。 漢語及び日本語のセンスが無いですね。だから普及しませんね。言葉は音楽と同じで普及しないと意味がないのですね。それはともかく。結局今の内地のいわゆる「英語が得意な人」は発音をディスコのDJみたいに大げさに表現する人なんですね。 でもカッコ良いだけで、全くありがたくない。むしろ、ありがた迷惑なんですね。本当に内地の人にとってありがたい英語ができるという人は漢語や日本語がうまい人でかつ英語もできてセンスがある人なんですね。 でも多くの局面で英語を普及させようとする動員や運動は行われますね。文科省とか教育界とか大好きですね。英語を伸ばそうとすればするほとそれを支える日本語力つまり和製漢語力が落ちているのですよね。 筋トレする前提の筋肉がない。ということです。だから練習ができない。 だから持続可能性なんてわかりにくいとんでもない言葉が生まれるのですよね。 続くのサスティンと可能のエイブルを組み合わせたから単に持続可能性と言っているのです。 英語の直訳なんですよね。考えた人間は非常に勉強家ですがセンスがないですね ひっく…

続きを読む

PPAP(ペンパイナッポーアポーペン)の衝撃 の謎を解く 2

さて、PPAPの二回目である。 前回、非英語圏や準英語圏の人に衝撃を与えていると言ったが、とはいえ英語圏の人にも相当衝撃を与えているのでは?という反論の声が聞こえてきそうである。 そう慌てなさんなって。もちろん、英語圏人々の反応も理解してある。つもり。 これは非ネイティブスピーカーによる英語ネイティブスピーカーへの挑発ないしは実験だと思う。 以下説明しよう。(一部ネタバレしてすみません) 普通の日本人ならわかると思うが、以下のフレーズ。 I have a pen.とかThis is a pen. 英語の授業で教わったと思う。 私も同様である。本当に英語教育の初歩のフレーズだ。 私はかつて英語初学時代に本当に習ったこのフレーズが通じるかと思い、実際にネイティブスピーカーに試したことがある。 私は自分のペンを持って、「私はペンを持っている。これはペンです」と言ってみた。 そうしたら、相手はすごい表情をした。非常に複雑な表情をした。のを覚えている。 一瞬奇妙な雰囲気が支配し、それで終わり。 その後、私は英語の先生に対して、「せんせー。I have a pen.を習ったので実際試してみましが、相手には通じませんでした」と言ったことがある。その英語の先生も拍子抜けした表情をしたのを覚えている。 当然である。冷静に考えて欲しい。普通の日本人は人が良いので怒らないだろうが。 目の前にペンがあるのにも関わらず、ある人に私はペンを持ってい…

続きを読む

PPAP(ペンパイナッポーアポーペン)の衝撃 の謎を解く 1

ペンパイナッポーアポーペンの衝撃 動画サイトにてPPAPの閲覧数が急上昇していたという。 1ヶ月たらずで1億回。関連もあわせると10月末で約3億回の閲覧とのこと。 先日、とあるネットを見ていると写真のご本人の顔写真がやたら片隅にでてくるので、 私もクリックして見ることにした。 15回以上は見てしまった。 1分足らずの動画であるが、非常に興味深かった。 中身はご自分で確認していただければと思う。 ただひたすら馬鹿馬鹿しいだけである。 しかしこれだけの人が同時多発的に繰り返し視聴するには訳がある。と私は考えた。 ちなみに現代漢語ではくだらない内容にもかかわらず多くの人が口ずさんでしまう音楽を「洗脳神曲」という。頭からこびりついて離れないということだ。当然この曲はシナのネットでも大騒ぎになっている。 ではなぜこれほどまでに同時多発的に繰り返して視聴されるのかという謎を解きたいと思う。 私が分析する前にネット上やそれ以外でも様々な人が分析を試みている。 日本語では中毒性の文字がよく見受けられる。 中毒性が強い音楽なのかシナの分析の洗脳とされているどちらなのか? 洗脳とは誰かが誰かの考えを変えようとして言葉を繰り返し考え方を植え付けてしまうやり方である。 昔で言えば田舎から出てきたばかりの不安な若い学生に対してオウム真理教が教義を何回も繰り返して信者に聞かせて考えかたを植え付けて自分の頭で考えることをヤメさせ教団から抜けられなく…

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 5-2 英語 ダメ! ゼッタイ!

英語圏で英語を使わない音楽が英語圏の人間への衝撃となる。 これこそがまさにグローバリズムへのカウンターである。 グローバリズムを推し進めた結果我々はどうなったであろうか。 英語が普及することによって幸せになったのであろうか。 確かに一部の人間は豊かになった。 英語エリートは豊さの象徴であった。 但し、大多数の人は豊かにはなれない。 英語圏の英国、米国ともにそうであろう。 たとえ英語を使うことができたとしても、ごく一部のエリートだけが豊かになるだけである。 米国では0.1%の人間がほとんどの富を独占しているという。残りの1%がまあまあの生活。 98.9%の人々が貧困となっている。実情は「貧困大国アメリカ」という本に詳しい。 英国も同様だと聞く。 一部のエリートがロンドンのシティで働き、その他大多数が貧困に苦しんで居る。 だから英語がネイティブ並みにできたとしても90%以上の可能性で貧困になるということだ。 貧困だからといって不幸であるとは限らない。 確かにそうだ。では、英語圏の人間は幸せなのだろうか。 英語ができたからといって幸せにはなれない。 英語の役割はグローバリズムとそれを支えるエリートのための言語になっていると私は考える。 先般、言及した英国のEU離脱がそうである。 英語エリートたちの事前の報道では離脱派は少数であるとの認識であった。 しかし、予想を覆し離脱派が勝利。 投票後もなぜ離脱派が勝利したか…

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 5-1 英語 ダメ ! ゼッタイ ! 

数ヶ月前になると思うがBABYMETALが出演しているNHKの番組で マーティ フリードマン(※)さんが彼女たちに対して 英語で歌わない方が良いです。 是非引き続き日本語で歌った方が良いと思います。と強調して述べていた。 私も同感だ。非常に重要な見解だと思う。 しかし、マーティさんが理由を説明していたが、なぜかは、彼女たちにはピンと来ていないようだった。視聴者および今ご覧になっている読者も一部は納得していないだろう。 No ! そうではない。マーティの考えは間違っている。 BABYMETALはグローバリズムの体現者だ、だからもっともっと英語を 勉強してbigger and bigger,faster and faster市場を開拓しなければならない!。 何処の組織にもいるグローバリズムを推進するTOEIC高得点エリートたちの要望が聴こえそうである。 では、仮にBABYMETALが英語をマスターないしある程度できるようになって英語の歌詞で歌えるようになったとしよう。頭の中で思い描いて欲しい。 Su-METALさんが英語でBABYMETALの歌を歌う。 逆に外国人喉自慢大会の外国人が日本語で歌う情景を想像して欲しい。 これではBABYMETALといえるのか? 日本の少女が売りなのにこれではアメリカの少女のほうがよっぽど流暢な英語を話す。英語ならいくらでも代わりはいるのである。 こうなるとBABYMETALは日本人である必要は全く無く…

続きを読む