写真 照像 6 白黒こそ写真である

スーパームーンは何色だった? 本当の月はいつだって色は変わらない。 小さい子が私の白黒写真を見て言う。 「なんだぁ。白黒かぁ。つまんないの」 「なぜ白黒はダメなんだね?お嬢ちゃん」 「だって、綺麗じゃないし、見てて疲れる」 でも、写真は白黒だ。 私はかつて白黒フィルムで撮影していた。 と言うより写真を撮ろうと思った時はいつも白黒フィルムをカメラに入れた。 銀塩時代は経済的な理由で安価な白黒フィルムを使うことがきっかけだった。 しかし、時代はデジタルカメラである。 デジタルならば白黒もカラーも基本的には価格は同じだ。 白黒にしたければカラーで撮影して白黒にすれば良い。 でも私はやはり写真は白黒であると思う。 写真芸術家の多くも写真は白黒であると言う。 カッコ良いからではない。 私も写真は白黒だと直感的に思いつつも、 なぜ白黒が良いのか、 長い時間わからなかった。 と言うより言葉にできなかった。 最近わかってきた。やはり写真は白黒だ。 白黒でないと人は写真を見てくれないからだ。 なぜだろう。 写真を視る人がいる。 その視る人は写真を視るとその人の脳裏に写真の像が映し出される。 カラーであればそのままなのだ。それでおしまい。 これに対して白黒はどうなるのか。 白黒であればそれぞれの人の脳裏に写真の像が映し出される。 しかし、現実世界はカラーであるが映し出された像は白黒である。 …

続きを読む

写真 照像 4 森山大道さん 

森山大道さんにも触れずにはいられない。(写真は森山大道さんとその作品) そもそも、私のブログのトップページの写真は私が取った香港のビルスナップである。 ただ、香港のビルをとっただけといえばそれまでである。 恐れ多くも、遥かに及ばないが何とか彼の作品に近づこうとした時期があり撮った作品である。 森山大道さんの作品は多数あり。 彼の世界的評価も無論のこと、彼の作品から普遍的な価値を見出したい。 今も現役であり、著書、評論も多数存在している。 写真に対する熱意と洞察力が抜きん出ており世界を代表する写真家と 私は考える。 予備知識の無い方には、少々乱暴だが、彼の作品は白黒写真が特徴でスナップ 写真が得意としていただきたい。 多くの評論家が彼の作品の特徴として以下のことを言う。 ①匿名性 誰だかわからない。 ②等価   全てのものは等価である。 ③擦過性  すれ違いに何かが残る。 さて、森山大道さんの作品の特徴について もう少々詳しく述べると以下と言われている。 ①匿名性   何を誰を撮影しているのかわからない。   只そのままを撮影している。   撮影された側も撮影されたという意識が無い。 ②等価   被写体は全て等価である。   価値としてはスーパーモデルもゴミも同等である。   被写体は何が重要かが問題ではない。 ③擦過(さっか)性   被写体に対して通り過ぎる時、擦った様に   被写体と…

続きを読む

写真 照像 3 等価

写真とは 写真の本質は等価性であると思う。 この見解は私が初めて言うことではない。 写真にとってトップモデルとゴミとは等価である。 その等価性の本質はどこから来るのかといえば、 写真が写像であることにほかならない。 写真は写像にその本質があると私は考えている。 逆説的に言うと写真の前ではゴミすらも美しい。 写真の前ではトップモデルですら醜悪である。 写真に写っている像は全てが等価であり、 且つ現実世界と同様、全てが等価である。 写真はヘルムートニュートン氏の作品とニュートン氏。 20世紀を代表するファッションカメラマン。

続きを読む