三菱自動車工業、車両燃費試験の不正 時代を見誤り追い詰められた悲劇

三菱自動車が、燃費試験データを改ざんし、実際の性能よりも燃費性能を高く見せていたことがわかった。 燃費性能を偽っていたのは4車種62万台以上で、三菱自動車の相川哲郎社長がこのあと会見を行う。 三菱自動車が燃費試験データを改ざんし、燃費性能を偽っていたのは、2013年6月から生産している「eKワゴン」と「eKスペース」、三菱自動車が日産自動車向けに供給している「デイズ」、「デイズルークス」の軽自動車4車種。 三菱自動車は15万7,000台。 日産自動車は46万,000台で、合計で62万5,000台にのぼる。 三菱自動車は、4車種について、国土交通省に提出する燃費試験データで不正な操作を行い、燃費性能を実際よりも高く見せていたという。 不正に操作されたのは、「走行抵抗」と呼ばれる車両走行時のタイヤや、空気抵抗を示すデータで、実際よりも燃費に有利な数値に改ざんされていた。 改ざんは、日産自動車の測定試験で判明し、日産自動車からの通報を受けて、三菱自動車が社内調査をしたところ、改ざんが確認された。 対象車種については生産・販売を中止するという。 普通の人が見れはあの三菱が不正なのか。 ということであろう。一連のリコール隠しに続き この状態である。 何がかつての名門企業である三菱を追い詰めたか。 検証したい。 歴史を振り返ろう。歴史は大事ですね。 石油と自動車とは何か。に本質がある。 ロックフェラーおよびヘンリーフォードの時代 …

続きを読む

まだ空気清浄機は必要か? VWの闇

まだ空気清浄機は必要か? シナには製造業の仕事がほとんど無い。 空気清浄機は必要か? 乗用車に於けるVWのシェアが高い地域と暖房に石炭を多く使う地域では必要だろう。 シナはVWのシェアが異常と言って良い位高い。 なぜだろう。 その謎は深い。 謎というより闇だろう。

続きを読む