緊急事態宣言下の社会 9 憎悪の向く矛先 

写真はSis. Angerを披露するBABYMETAL 緊急事態宣言下で、人が行列をなしているところがありますね。それはスーパー、コンビニや薬局が代表的なところとして挙げられますね。たくさんの店が自粛で営業をやめている状況下、これらの販売店は閉めようという人はいませんね。人々が生きていく最低限度の食事や医薬品が途絶えてしまうからなんですね。 先日、薬局の人と話をする機会がありました。スーパーや薬局は非常に景気が良いらしいねぇ。と申し上げました。ですが、大変なことがあるらしいですね。 現場の店員さんが非常に消耗しているとのことですね。特にあげられるのがマスクと消毒薬ですね。その渦中にトイレットペーパーもありましたけど・・・それは置いておきます。 マスクがだいぶ市場に出回るようになってきたみたいですけど、まだ、足りないところでは足りないですね。ですので、マスク販売で有名なところですと、薬局ですよね。ついでに消毒薬も買いましょうということになりますね。 ところがどっこい、マスクも消毒薬もおいてないではないですか。 当初は棚に欠品中の表示がありましたが、店員さんに質問が繰り返されるということなんですね。店員さんとしては呼び止められて、「マスクはありますか」と聴かれます。店員さんは「すみません。マスクは置いてないんですよ」 ただでさえ店員さんは忙しいのにこのやりとりだけでも大変だそうですね。 これだけでも忙しいのに「なぜ!おいてないのだ!」ですとか、どうでも良いこと。日頃の鬱憤を…

続きを読む